30キロ減ダイエットを成功させる5つの方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
kgend1

マイナス30キロのダイエットを成功させる方法!

溜めてしまった脂肪、このままでは健康障害も招いてしまう。

そうでなくても、この脂肪は必要ない!今までの甘えだ。

そんな人に極端に、激しい運動を紹介するつもりはありません。

過度な食事制限も、もちろん勧めません。いまのその不健康な状態を健康な体に戻しながら、ゆっくりダイエットを始めてほしいと思います。


Sponsored Link


いつでもどこでもできるマイナス30キロダイエット5つの方法!

では、過度な食事制限もなくて、無理な運動もなくて、どうしたら30キロもの脂肪を落とすことが出来るのでしょうか?

1.冷たい飲み物をゆっくり飲む

kgend2
人間は恒温動物です。寒い時は体温を上げようと発熱、暑い時は体温を下げようと調節します。そこで、冷たい飲み物を飲むと?体温は下がります。そして体内では取り戻そうとエネルギーを消費し始めるんです。

2.目標も持たず意味なくジョギングする!

kgend3
決められた運動は、ストレスに変わります。そして決められた運動が出来なかった日は、後悔を感じ“ダメだ”とダイエットそのものを諦めかねません。そうではなく、なんとなくジョギングをする習慣を付けるんです。
1週間過ごしていたら、なんとなくボーっと過ごす時間あると思います。なんか暇だな~、そんな時に“ダイエットのため”ではなく、なんとなくジョギングしてみましょう。

3.呼吸法を使う

kgend4
インナーマッスルを鍛えるエクササイズを取り入れましょう。ぽっこりお腹は、インナーマッスルを鍛えて解消するんです。呼吸法を取り入れるだけで、無理なく続けられます。

■やり方

  1. 立った状態で胸を張り、姿勢を正す
  2. お腹をへっこめながら、息を大きく吸いこむ
  3. 息をゆっくり吐きながら、お腹をさらにへこませるイメージで。
  4. これを10セット繰り返す

出典元:マイナス25キロ!!70キロからのダイエット


Sponsored Link


4.高タンパク・低カロリーな食事をする

kgend5
タンパク質は間食を防いで腹持ちをよくしてくれる成分があります。基礎代謝の維持にも重要な栄養素で、避けるのではなく高タンパクで低カロリーなタンパク質を摂取しましょう。最もおすすめな高タンパクで低カロリー食品はチーズです。中でもカッテージチーズは100g中にタンパク質が13.3gも含まれ、カロリーは105kcal。冷蔵庫にカッテージチーズを常備しましょう。

5.よく噛んで食べる

kgend6
これは昔から良い聞かされている言葉だと思います。「よく噛んで食べましょう。」そんな小さいころの目的は、アゴの強化、消化にあったかもしれませんが、でも、よく噛んで食べることは、いつまでたっても大事なことです。一口30回以上、よく噛んで食べるように心がけて食事しましょう。噛むことで脳の満腹中枢を刺激して満腹感を得られます。

30キロ以上のダイエットを目指す時に気を付けることは?

kgend7
「マイナス30キロ」この数字はかなり高い目標です。

ダイエットに停滞期は付き物で、停滞期を逃れたからと言って30キロの目標に近づく!というわけでもありません。

そこで挫折し、ダイエットを中断すると「リバウンド」が待っているというわけです。

30キロダイエットは、のんび~り余裕のある気持ちを持つことが大事です。

マイナス30キロのダイエットのまとめ

いかがでしたか?マイナス30キロダイエット法を紹介しました。

高タンパク・低カロリー食品の摂取を紹介していますが、そこで偏っては健康に問題が出ます。他の食品の摂取を減らせるように、間食を辞めることが目的なんです。

その知識さえあれば、ほかの4つのダイエット法は、苦も無く続けられることではないでしょうか?

食事に少し変化を与え、日常生活を少しチェンジ!

そんな生活を続けながら、健康的にダイエットしてほしいと思います。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする