抗酸化作用がある「アスタキサンチン」の効果・効能!副作用の心配はないの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

アスタキサンチンの効果や効能

アスタキサンチン、これは自然界に広く分布する天然の赤い色素。

と説明されても「なるほど」とはなりにくいかと思います。

もちろん、アスタキサンチンの成分の存在、効果効能ご存知の方は、天然の赤い色素と聞くとアスタキサンチンのワードが出てくる方もいるでしょう。

この天然の赤い色素とは、サケやエビ、カニなどに多く含まれるカロテノイドの一種です。

と聞くと、今この記事を目にして頂いている方の大半が、サケやエビ、カニのあの赤い色素がアスタキサンチンなのかな?

と、だんだん的を得始めたのではないでしょうか?

今回、この天然の赤い色素、アスタキサンチンについて調べてみましょう。


Sponsored Link


アスタキサンチンって何?

asuta2

少し話がそれてるよ、と思われそうですが、今回天然の赤い成分アスタキサンチンについて、話すことで最後に点と点が結び付く話を始めます。

あなたは、体内の活性酸素という存在をご存知ですか?

この「活性酸素」、体内で、体内に良い働きをしてくれる善玉菌の働きをしてくれます。

しかし!この活性酸素の厄介なところは、活性酸素が善玉菌の働きをしてくれるのは、体内の活性酸素量が適度な量を保てているときだけで、活性酸素はいとも簡単に、濃度を増やします。

原因は、生活習慣という説もありますが、本当に簡単に活性酸素は量を増やします。

するとどうでしょう?さっきまでは天使のような活性酸素ににょきにょきとツノが生え、悪玉菌として体内の環境を蝕みだします。

この力は偉大で、生活習慣病、そしてガン細胞までも発生させてしまう力をもちます。

ここで体内では、この活性酸素の働きを食い止めなくてはいけません。

そこで必要な、天然の赤い成分アスタキサンチン

天然の赤い成分アスタキサンチンは、抜きん出た強力なパワーを持ちます。

つまりアスタキサンチンとは?

抗酸化、抗疲労、抗炎症、免疫強化、持久力強化を持っています。

アスタキサンチンの効果・効能について

×0ê0ó0È0

では、アスタキサンチンがどのようなという細かい病状の効果をお話しするのは辞めて、アスタキサンチンの持つ効果が体内にどれだけ必要か、というお話をします。

先ほどから出てきている「活性酸素」、悪者の活性酸素です。

もちろん適度な量の活性酸素は体内に必要になりますので、活性酸素そのものがダメというわけではありません。

この悪者へ変貌を遂げた活性酸素には、

  • スーパーオキシドアニオンラジカル
  • 過酸化水素
  • ヒドロキシラジカル
  • 一重項酸素

など、いくつかの種類があります。

このような様々な活性酸素にアスタキサンチンの持つ抗酸化作用が働きかけ、抑制効果を発揮します。

この抗酸化成分は、抗酸化成分として知られる「ビタミンE」に比べはるかに強力な抗酸化作用を発揮することが分かっています。

レスベラトロールの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

【活性酸素の除去が健康の秘訣】

と、いうことなんです。

一つ一つの病気や症状にどのような効果をもたらす、という前にこの原因になる活性酸素をしっかり適量に保つことが健康の秘訣ということなのです。

そこで様々な活性酸素の抑制に、どの成分よりも働きかけるアスタキサンチンは私たちに欠かせないわけで・・・

まず、私たち人間は生命を維持するために酸素を消費していますよね?

しかし、この必要不可欠な酸素の一部が体内で活性酸素に変換されています。


Sponsored Link


この変換された活性酸素が細胞を酸化、損傷を与えることがわかっています。

そしてこの活性酸素が、がんや生活習慣病、老化や認知症、様々な病気の原因に活性酸素が深く関わっていると言われています。

必要不可欠な酸素が、体内で病気の原因になっているということに衝撃を受けますが、アスタキサンチンの摂取で、どの成分よりもはるかに威力のある抗酸化作用で活性酸素を除去出来るのです。

アスタキサンチンの効果、効能にもあまり話が結び付かない、活性酸素の話ばかり・・・

と感じたかもしれませんが、考えてみて下さい!

あなたの知りたかった効果はなんですか?

病気予防?健康?ダイエット?

すべてに結び付くとは思いませんか?

その悩みの原因になっているのが活性酸素、むしろ根本を知らなくては改善の道のりは長いのでは?

まず、体内に害を及ぼす大きな力を発揮する原因の究明と、この大きな原因に一番力を発揮する成分が分かったかと思います。

活性酸素の原因は?除去の方法や対策はどうすればいいの?

アスタキサンチンってどういう食べ物に多く含まれているの?

asuta4

アスタキサンチン、摂取しようと考えた時ももう一つ衝撃の事実が!

アスタキサンチンを含む食品は、エビ、カニ、魚類ですが、このエビ、カニ、魚類も元々アスタキサンチンを自ら作り出すことはできていません。

え?

このアスタキサンチンを私たちが摂取できるのは、このエビ、カニ、魚類が、海の藻類や動物プランクトンが食べることで、アスタキサンチン成分を摂取しているから、私たちはにエビ、カニ、魚類からアスタキサンチンを摂取出来ているのです。

グルコサミンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アスタキサンチン・サプリメントの選び方や基準

asuta5

どの成分の摂取の際も同じことが言えますが、まず原材料名と栄養成分を確認しましょう。

そして天然成分が原料となっているサプリは、「ヘマトコッカス藻」が原材料名に記載。

そうでなければ、「アスタキサンチン」と記載されています。

アスタキサンチンの摂り方や摂取量は?

asuta6

アスタキサンチンの1日の摂取量は3mg~6mg。

食品から摂取は、赤色をの魚介類を意識して摂りましょう。

そして摂取量も少し注意、疲れているときは少し多めに摂ることをお勧めします。

あなたが疲れを感じるということは体内もお疲れ気味・・・

活性酸素増殖の危険信号!

そんな時は含有量が一番多い紅サケ、そしてキンメダイの摂取を意識するといいでしょう。

アスタキサンチンの副作用について

asuta7

通常、脂溶性の成分は過剰に摂取することで「過剰症」を起こす可能性があると注意がひつようでしたが、アスタキサンチンも同じ脂溶性の成分。

ですが今のところこのような副作用は発表されていません。

アスタキサンチンのまとめ

いかがでしたか?アスタキサンチン、そして活性酸素除去の大切さは伝わりましたか?

今日から、エビ、カニ、魚類が藻類、プランクトンから摂取してくれたアスタキサンチンを感謝しながら体内に摂取しませんか?


Sponsored Link