コラーゲンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

コラーゲンの効果や効能

女性のために必要な成分「コラーゲン」。

今の生活でも十分幸せ!そう感じている方も、コラーゲンを生活に取り入れることで、もっともっと輝いた生活を送れるようになります。

そんな素敵な効果を発揮してくれるコラーゲンについて、今回いろいろな情報を集めてみました。

女性なら、スキンケア商品に手を伸ばすことも多いと思います。そこで“コラーゲン配合”なんて文字を見ると、安心して購入してしまうくらいコラーゲンの存在は大きいですよね?

でも、そんなもう身近なコラーゲンも、少し知識を増やすだけで、さらに効果を発揮してくれるとしたら?知らなきゃいけない情報ですよね?女性としては!


Sponsored Link


コラーゲンって何?有効成分は?

krgn2
コラーゲンって?成分は?

コラーゲンは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。コラーゲンはゼラチンの主成分であり、化粧品、医薬品などにも様々に用いられている。

出典元:wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3

少しコラーゲンについて、ザザザっと紹介しましたが、簡単にまとめると・・・

  • コラーゲンはタンパク質の一つ
  • ゼラチンの主成分
  • 化粧品、医薬品に使われている

確かに、コラーゲンときくと化粧品が思い浮かびますもんね!

コラーゲンの効果・効能について

krgn3
女性に嬉しい効果たっぷりのコラーゲン

肌への効果はピカイチ
コラーゲンは肌の弾力、ツヤを保つ働きをします。つまりコラーゲン不足が肌荒れの原因にもなります。コラーゲンは生成能力を活性化させてくれるので、肌の代謝を良くしてくれるのです。そこで、シミ予防に繋がるんです。

アトピー性皮膚炎にも効果を発揮
コラーゲンは白血球に作用し、免疫機能を改善する働きがあります。アトピー性皮膚炎は白血球に関係しているんです。そこで、コラーゲンを摂取することでしっかり免疫機能が高まり、アトピー性皮膚炎にも効果を発揮するんです。

~コラーゲンの様々な健康効果をまとめました~

肌の健康効果
肌の柔軟性を保つ、張り・弾力性を保つ、保湿・潤い効果

目の健康効果
老眼予防、眼精疲労改善、老人性白内障の予防

血管の健康効果
高血圧の予防、血流の改善

毛髪の健康効果
薄毛・抜け毛・白髪の防止、髪を太くする効果

免疫機能効果
がん予防、アレルギー体質の改善

脳の健康効果
物忘れの予防・記憶力や集中力を高める・脳卒中の予防

コラーゲン・・・化粧品に用いられるイメージでしたが、お肌意外にこれだけの効果を発揮してくれるんですよ。

ヒアルロン酸の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

コラーゲンの科学的データ

krgn4
それでも、コラーゲンの科学的データはやっぱり気になる美容効果


Sponsored Link


コラーゲンは皮膚に最も多く存在していますが、紫外線、電離放射線、オゾンなどによって発生する活性酸素により質、量ともに変化します。また加齢により繊維芽細胞による合成が低下してしまうため、分解される量が合成される量を上回り、その結果として、しわやしみが発生していわゆる皮膚の老化が起ります。皮膚の老化は、角質層の劣化とともに真皮の細胞外基質であるコラーゲンやエラスチン量の低下とコラーゲン繊維束の分解によって起こります。コラーゲンは皮膚に塗布することによって、外部からの刺激を緩和したり、水分を保つことは可能です。

出典元:コラーゲンの安全性と機能性 http://www0.nih.go.jp/eiken/chosa/ishimi.htm

コラーゲン・サプリメントの選び方や基準

krgn5
今すぐにでも、摂取を始めたい「コラーゲン」。

ちょっと待ってくださいね!落ち着いて質のいいサプリメントの選び方をおさえておきましょう。

コラーゲンは普段の食事だけではどうしても必要量が摂りきれない成分です。

毎日摂りやすいようサプリメントを活用するのがおすすめです。

そこでコラーゲンサプリのポイント!

メーカーの選定基準
商品には必須の表示項目の「販売者」に注目しましょう。「販売者」or「製造者」の表示がないとしたら、その販売店からは購入しない方が良いでしょう。

国内産のコラーゲンサプリメントの安全性は、まず問題ありません!

コラーゲンの摂り方や摂取量は?

krgn6
コラーゲンの摂取目安量は・・・

骨・関節:1日10g(10,000mg)

肌:1日5g(5,000mg)

このような数字で安全性、効果が期待できるとされています。

やはりこれだけの量を食品から摂取するのは困難ですよね?

上手にサプリメントも活用していくことをおススメします。

また、コラーゲンは体内に吸収されてから、体内にとどまる時間も短い・・・

そこで、毎日の摂取がコラーゲン効果を上げるポイントと言えるでしょう。

コラーゲンの副作用について

krgn7
まず前提としてコラーゲンそのものに副作用はありません。

しかし、今まで摂取していなかった方、急激に摂取する事起こりうる症状、困った状況に陥ることもありますので、知っておくといいでしょう。

急激にコラーゲン摂取で細胞がビックリ?!
急激に増えた事で、対応が間に合わないサイン。体には『疱疹』などの形で現れる事があります。

コラーゲンだけの摂取は、ただ排出で終わる?!
せっかく摂取したコラーゲン。しかし、コラーゲンだけでは細胞は分解や吸収が出来ず、 そのまま排泄されてしまうこともあります。コラーゲンを分解、吸収のために必要な成分を一緒に摂取することが大事です。コラーゲン吸収の助け役:ビタミンCやビタミンA、亜鉛、鉄分、酵素

コラーゲンのまとめ

化粧品に用いられるコラーゲン!誰でも耳にしたことのある成分だとは思いますが、意外な効果があることが分かりました。

キレイな肌を保つためには、もちろん!

目の健康のために、脳の健康のために、血管の健康のために、キレイな髪を保つために、今まで以上にコラーゲンの摂取を心がけましょう。

コラーゲンの摂取で、素敵女子、キレイな女性を維持することができるのです。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする