田七人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

田七人参の効果や効能

田七人参ってなんでしょう?

名前からイメージすると、素直に人参の種類なのかな?

なんって読むんだろう?

なんか気になる?でもあまり興味が湧かない、これがいまの心境かもしれません。

では、田七人参、実は「希少なものなんですよ」って言われると一気に興味がわきませんか?

読み方も正しいのか、よく分からない、でも調べてみる価値ありの田七人参(でんしちにんじん)。


Sponsored Link


田七人参って何?有効成分は?

dnstn2
田七人参って?

  • 中国の雲南省の海抜約1500m~2000mの限られた地域で生育する
  • ウコギ科の多年草
  • 和名をサンシチニンジン(三七人参)
  • 中国では、止血作用がある生薬として用いられていた
  • 固い石の塊のようにごつごつしている

あら、“でんしちにんじん“と名前を覚えたあとなのに、和名が出てきて少し困惑。

でも、田七人参も三七人参も同じなのです。

それより田七人参についてみてみると、正直あまり美味しくなさそう?

固い石の塊のようにごつごつなんて言われると、仕方ないですよね。じゃ、摂取するのは避けます?

ちょっと待ってください!もう少し田七人参について調べた後に、効果も紹介していきます!

田七人参は2種類存在する!

  • 根をそのまま乾燥させた「生田七
  • ミツロウで処理して高い保存性を持つ「熟田七

栽培方法によっても自然のものと栽培されたものに分けられます。

自然のものは産出量がごくわずかであるため・・・

田七人参、実は大変希少なものとされているんです。

固い石の塊のようにごつごつのイメージが少し変わって、興味が湧いてきませんか?

さらに興味深い情報、田七人参の成分にありました。

田七人参の有効成分

まず知っておいてほしい成分は、田七人参特有の「デンシチン」。止血効果を持つ特有の成分です。

他にも様々な成分を豊富に含んでいます。

  • サポニン
  • 田七ケトン
  • 有機ゲルマニウム
  • フラボン配糖体
  • アセチレン化合物
  • アルギニン
  • ステロール

固い石の塊のようにごつごつのイメージから、実は希少な田七人参。

そして、田七人参特有成分を含んでいる!

さらに興味が湧いてきたところで、ここからどのような効果が実感できるのか、調べましょう。

田七人参の効果・効能について

dnstn3
肝機能を高める効果
田七人参には肝細胞を再生する働きがあり、アルコールが原因で引き起こされる肝機能の低下にも効果が期待されています。

免疫力を高める効果
田七人参に含まれる有機ゲルマニウム。抗ウイルス作用があります。人間には体内に侵入してきた異物を攻撃し、その異物を体外に排出したりする免疫機能が備わっています。ウイルスの増殖を抑え、ウイルスを破壊する効果があります。

生活習慣病の予防・改善効果
生活習慣病は中性脂肪、コレステロールの蓄積や活性酸素による体のサビつきなどが原因。田七人参は、血中の中性脂肪やコレステロールを分解、吸収を妨げる働きがあり活性酸素を抑制する効果もあります。血中の中性脂肪やコレステロールの吸収を阻害し、活性酸素を抑制する働きから、生活習慣病の予防・改善効果が期待できます。


Sponsored Link


血糖値を下げる効果
田七人参にに含まれるパナキサトリオール。血糖値を下げる効果があります。筋肉での糖の取り込みを増加させ、筋肉での糖代謝を改善する効果があり、血糖値を下げる効果につながります。

血流を改善する効果
田七人参には、血流を改善する効果があります。血中の悪玉コレステロールの増加、老化や運動不足によって体の代謝機能が低下すると、体内に老廃物が蓄積します。そこで、血液ドロドロ状態になってしまうのです。田七人参は、血液のドロドロの原因となる中性脂肪やコレステロールを分解し、血流を改善する効果があります。

いかがでしょう?田七人参効果は凄くないですか?

この効果を裏付ける、科学的データも紹介しておきましょう。

田七人参の科学的データ

dnstn4
10年前にC型肝炎と診断された65歳の女性・・・

B型肝炎に有効といわれる漢方薬・小紫胡湯を投与していたものの、GPT値が100前後と、改善の傾向がみられませんでした。ふたたび処方を変えて、いくつかの漢方薬を用いてみましたが、やはり、好転の兆しがみえない。 そこで、田七人参を処方して投与したところ、急激に改善。以後15カ月間、GPTは20台を維持してます。

出典元:田七人参がC型肝炎に効果大!!医学界が揺れた http://www.ninjin-ranking.com/kanzoukieru/igakukai/index.html

医学界が揺れたんですよ!この研究結果には・・・

恐ろしい田七人参パワーですね。

田七人参・サプリメントの選び方や基準

dnstn5
医学界も揺らすほどの効果をもつ田七人参。

取り入れたいですよね?でも、希少?手に入らないの?

いえ、田七人参は私たちも簡単に取り入れることができるんです。

「サプリメント」で。

粉状、粒状、エキスを抽出したサプリメントが販売されています。

飲みやすいタイプ、続けやすいものを選びましょう。

またサプリメントの選び方のポイントは・・・

  • 田七人参配合量に注目しましょう
  • 完全無農薬有機栽培も要チェック!

せっかく購入するなら、しっかり効率よく効果を実感してください。

田七人参の摂り方や摂取量は?

dnstn6
摂取の目安は、生薬成分として1日約2~5g

また、ティーバックタイプのものもあり、お茶として摂取することもできます。

お茶の場合、過剰摂取には気を付けて、適量を数回に分けてのむといいでしょう。

田七人参の副作用について

dnstn7
最後になりますが、田七人参の副作用について気になる方もいらっしゃると思います。

田七人参、ウコギ科人参属の植物で、根の部分が漢方として用いられています。

薬のような副作用がほとんどない為、安心して飲む事ができる点も魅力。

ただし効能を高めすぎてしまう可能性があります。

用量は、守って正しくのむ事が大切です。

田七人参のまとめ

田七人参、いかがですか?

初めのイメージと今は大きく変わっていませんか?

あなたも田七人参効果を体に実感させ、健康的な毎日を過ごしましょう。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする