イチョウの葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 16
ichonoha1

イチョウの葉の効果や効能

イチョウの葉、風が吹いた翌日のイチョウロードはキレイなものですよね?日本の季節を感じさせてくれるような「イチョウ」。

ですが、イチョウの葉の特徴を知らない方は多いのではないでしょうか?イチョウの葉の持つ、有効成分、効果や効能、そして摂取法など。

今回は、以外なイチョウの葉の効果をまとめてみました。

信じられない?!そんな方のために科学的データもあわせて紹介しましょう。


Sponsored Link


イチョウの葉って何?有効成分は?

ichonoha2
イチョウは植物として非常に特殊なんです。

たくさんの植物がありますが、地球上にイチョウと似た植物は存在しないのです。

それも、イチョウの持つ特徴的な性質にあり、そして奇跡的に生き残った太古の植物なんて言われているんですよ。

イチョウの有効成分

フラボノイド
黄色の色素でポリフェノールの一種です。イチョウ葉エキスには、30種類ものフラボノイドが含まれていて、血液循環の効果が特に高いといわれている「二重フラボン」が特有成分として6種類も存在しています。「二重フラボン」とは、他のフラボノイドと比べて約3倍も効果が高いといわれています。

ギンコライド
イチョウ葉エキスのみに含まれる、ファイトケミカルと呼ばれる健康成分の一種。

イチョウの葉の効果・効能について

ichonoha3
30種類ものフラボノイド、中には他のフラボノイドと比べて約3倍も効果が高い二重フラボンを含み、イチョウ葉エキスのみに含まれるギンコライドを有効成分としているイチョウの葉からの効果は・・・?

血流改善効果

血流の改善作用は、主に3つの作用の相乗効果によって行われています。

血管を拡張する作用
血管を収縮させるトロンボキサンA2の働きを抑制する作用

血小板の凝集を抑制する作用
血小板を凝集させる物質であるPAFの作用を妨げる働きがあります

活性酸素の生産を抑制する作用
抗酸化作用を持つイチョウ葉エキスは、レステロールの酸化を抑えて血液をサラサラにします

この3つの作用の相互作用から、血流改善効果が期待できるのです。

冷え性改善効果
血流改善の作用は、冷え症の改善にも効果があります。そもそもめまいや耳鳴り、肩こりなどは血流が悪いことが原因となって起こる代表的な症状なんです。体内の血流が良くなることで自然と解消されますよ。

脳梗塞予防効果
動脈硬化や高血圧などの病気を予防する効果も期待できます。これも血流改善効果が関係してくるのですが、脳は多くの酸素や栄養素を必要としています。血流の状態によって脳の健康も左右されるんです。

認知症予防効果

【アルツハイマー型認知症予防効果】
アルツハイマー型認知症の代表的な症状は、記憶障害、判断力の低下、妄想や幻覚などが挙げられます。アルツハイマー型認知症を患った人の脳には、茶色いシミ(老人斑)が多く見られるといわれています。このシミの正体はアミロイド-βというたんぱく質の一種。イチョウ葉エキスには、このアミロイド-βの蓄積を妨げる働きがあり、量を減少させるこ効果があるのです。

【脳血管性認知症予防効果】
脳血管性認知症、脳梗塞や脳出血など、脳内の血管障害によって発症する病気。イチョウ葉エキスの血流改善効果によって脳梗塞の発生を抑える効果に期待ができるのです。


Sponsored Link


イチョウの葉の科学的データ

ichonoha4
そんなイチョウの葉に関する研究は1950年代から行われ、数にして400以上の研究論文が発表されているのです。

気になる研究論文を紹介します。

ドイツ
“イチョウの葉のエキスを摂取した1時間後には被験者の毛細血管の血流が57%増加“

1996年ドイツ
“ドイツ国内の41の研究センターで222名の軽度から中度のアルツハイマー病タイプの痴呆症患者と、何度も軽い脳卒中を経験したことによる痴呆症患者にイチョウ葉エキスを与えた。6ヶ月間、1日あたり240mgのイチョウ葉エキスを毎日2回食事前に摂取。アルツハイマータイプの痴呆症にも、脳循環不全タイプの痴呆症にも、明らかに改善が見られた。改善の程度はプラシーボを与えた比較対照群に対して「記憶力と注意機能」が約3倍も改善された。“

出典元:イチョウ葉の科学的データ http://www.mit-japan.com/ndl/ndl/Ityou.htm

イチョウの葉の有効成分からの実験、そしてこのような研究結果が他にもたくさん発表されているんですよ。

イチョウの葉・サプリメントの選び方や基準

ichonoha5
でも、きっと冒頭から考えていたと思いますが摂取法は・・・?

イチョウを摂りたい場合は、サプリメントで摂るのが一般的。

そこで、イチョウサプリの上手な選び方を紹介します。

  • イチョウ葉のエキス配分量が多い
  • サポート成分がキチンと入っていること

体内でイチョウ葉エキスのパワーを存分に発揮させるためには、働きをサポートしてくれる成分、「アマニ油」や「DHA」入りがおススメです。

イチョウの葉の摂り方や摂取量は?

ichonoha6
1日あたり120~240mg

1日に2、3回に分けて投与しましょう

摂取を初めて、安心ではなかうしばらく体の様子を確認するようにしましょう。

実は、副作用の心配がないわけでもないんです。

イチョウの葉の副作用について

ichonoha7

まず、はっきりお伝えしておかないといけないことは・・・

イチョウ葉エキスは安心安全なサプリメントから適切な量を守って摂取していれば副作用の心配はありません。

基本的には安全性も認められていると言えます。

ただ、全ての人に安心というわけではありません。

  • 胃腸の不調
  • 頭痛、めまい
  • 動機
  • 便秘
  • 皮膚アレルギー反応
  • 吐き気

などの副作用を起こすこともあります。

異変が体に起こった場合は、ただちに摂取を中止し、専門家に相談しましょう。

イチョウの葉の効果や効能と副作用のまとめ

イチョウの葉の有効成分、効果・効能、摂取法を紹介しましたが、いかがでしたか?

「わ~キレイ」そう心を満たしてくれるイチョウの葉は、上手に摂取することで、体の健康も維持してくれるということです。

簡単に摂取できるサプリメント、バッグに潜ませておくだけでもう安心ですよ。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする