イソフラボンの副作用!摂りすぎると体にどんな影響があるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

イソフラボンの摂りすぎと副作用

イソフラボン、それは女性ホルモンの働きを代役できる大切な成分。

しっかり摂取したい方は、多いでしょう。

でも、なんでも健康のためと始めるときに考えるのが危険性や過剰摂取

今回は、そんな不安を解決したいと思います。


Sponsored Link


イソフラボンの摂りすぎで副作用はあるの?

isoflavone4-2

イソフラボンの理想摂取量

それは1日75mgと言われています。

75mg?

豆腐1/2丁で55mg、納豆だと65mg含まれています。

と、聞くだけで十分必要量を摂っている気がします。

そして摂り過ぎの心配すら出てきますが、イソフラボンの過剰摂取に関しては、特に気にしすぎることはありません。

1日の食事が、偏ることは問題です。

豆腐、納豆のみの生活を送る人はいないと思いますが、

人に必要な栄養はほかにもたくさんありますので、女性ホルモン分泌のため納豆や豆腐を心がけながら、栄養が偏らないような食事に気を付けていれば、朝に納豆、夜は冷ややっこでも問題はありません。

では、特に何に注意すればいいのか?

isoflavone4-3

じゃ、特に何も気にしなくていいのね?

サプリからの摂取を考えている人は注意が必要です。

食品は、朝納豆食べて、夜は冷ややっこでもOK!

なんて言いましたが、必要量75mgをサプリで摂取!と言われるとOKとは言えません。

サプリメント、それは一種の薬ですよね?

薬の大量摂取は体に害を及ぼすことがあります、サプリからの摂取であれば、それは30mgが限度になります。気を付けましょう。

そして、気を付けて欲しい注意点があります。

イソフラボン、その中には「グリコシド型イソフラボン」と「アグリコン型イソフラボン」の2種類があることを知識として持っておきましょう。


Sponsored Link


この知識が必要なのは、効果の強さが異なるということです。

それぞれ、効果が違いますので、摂取量を気を付ける必要があります。

アグリコン型イソフラボンの中にはさらに、ダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインと3種類分かれていて、この中でも1番効果を発揮するといわれる成分が、ゲニステインと言われています。

その成分を摂り過ぎてしまうと、同じ量でも過剰摂取の原因になってしまうので気を付けましょう。

イソフラボン摂取で考えられる副作用とは?

isoflavone4-4

イソフラボン、それは大豆に含まれる成分です。

ここでは、少しアレルギーが気になります。

様々なアレルギーがあって、悩みを持っている人もいると思います。

もしも、自分が自分の子供が、なんらかのアレルギーを持っている場合は、係りつけの担当医に聞くなど対処は必要になります。

イソフラボンの副作用や摂取のまとめ

イソフラボンの摂取時の注意点についてまとめましたが、いかがでしたか?

イソフラボン摂取を神経質に考える必要はありませんが、やはりアレルギーや、サプリ摂取には注意が必要になってきます。

イソフラボンだけが体内に必要な成分ではありません。

大事なイソフラボンを摂取しながら、ほかの大事な成分を正しく摂取する。

その前提の考えがあれば、大丈夫!ということです。

イソフラボンの関連記事

大豆イソフラボンの効果!なぜ女性に人気なのかその理由は?

イソフラボンの効果まとめ!女性や男性にどんな効果があるの?

イソフラボンの副作用!摂りすぎると体にどんな影響があるの?

イソフラボンと女性ホルモンの関係とその効果とは?

イソフラボンの多い食品って何?それらの摂取量や含有量は?

イソフラボンと男性ホルモンの関係とその効果は?


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする