イソフラボンと女性ホルモンの関係とその効果とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

イソフラボンの女性への効果

イソフラボン女性ホルモンにどれだけの効果があるのか、調べてみました。

普段から摂取している、豆腐や味噌、納豆に多く含まれているイソフラボンですが、実際、どれくらいの効果があるのか調べてみると、大事さが改めて分かります。


Sponsored Link


イソフラボンのエストロゲン作用について

isoflavone3-2

イソフラボンというワードを調べていると、出てくるのが「エストロゲン」でした。

エストロゲンって?という問いには後から答えます。

まずはイソフラボン、エストロゲン、この2つの関係をまとめます。

イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをしますが、エストロゲンも女性ホルモンの一種。

女性ホルモンが女性の体に必要なことは分かると思いますが、

その女性ホルモン、エストロゲンの減少にイソフラボンが大きく関係しているのです。

エストロゲンって何?女性にとってどんな効果があるの?

isoflavone3-3

では、エストロゲンって?この問いに答えます。

「エストロゲン」、それは女性ホルモンの一種で、女性に大事な卵胞ホルモンとも呼ばれている成分です。大事な成分です。

そしてこの女性ホルモン、エストロゲンは体内から少しずつ少しずつ減少していきます。

エストロゲンが卵胞ホルモンと呼ばれているくらいなので、エストロゲン減少で起きる変化の代表的な症状は、閉経です。

そしてエストロゲン不足から、乳がん、子宮がんを引き起こすとも言われます。

エストロゲンを多く体内に摂取することは、動脈硬化の原因悪玉菌を減らし、善玉菌を体内に増やす役割をしてくれたり、女性ホルモン分泌効果で、美肌や豊胸にも効果を発揮します。

イソフラボンの効果のまとめ!女性や男性にどんな効果があるの?

イソフラボンの女性への効果は何?

イソフラボンが女性の体にどれだけ必要か?

  • 女性ホルモンの代わりになるイソフラボン
  • 女性に大事なアンチエイジング効果

イソフラボンの注目度が上がっているのは、もっとも女性ホルモンとの働きが似ているからです。

女性の体に必要な、動脈硬化防止、骨粗しょう症防止、自律神経を整えてくれる大切な役割を持っている女性ホルモンの代役になれるようなイソフラボンです。

イソフラボンは、簡単に食事から摂取できるのも魅力ですよね?

毎日の食卓に、豆腐、納豆、味噌汁で継続させることが、体内の女性ホルモンを安定させる秘訣になります。

そして、「アンチエイジング効果」。


Sponsored Link


女性は、男性より骨の状態が年齢を重ねることで大きく変化します。

腰の曲がった、おじいちゃんよりおばあちゃんが多いのも関係しています。

女性ホルモンの減少で、姿勢が前かがみになってしまうのです。

そうしたことにもエストロゲンは活躍します。

女性ホルモンが体内から減少してしまうのは老化の影響が大きく関係してしまいますが、そこでイソフラボンを体内に十分に取り入れることで、防止が出来るのです。

年齢から、コレステロール値が上がり、代謝が悪くなって体系が変わるという現象も、イソフラボンを取り入れることで、代謝を促し、ダイエット効果に繋がるのです。

女性ホルモンの分泌で、美肌効果もしっかり確認できています。

女性の悩みを一気に解決してくれる、女性ホルモン、エストロゲンなのです。

乳がん、子宮体がんを予防する

乳がん、子宮体がんは女性ホルモンとの関係が深く、エストロゲンの過剰分泌が原因の一つと考えられています。

現代は、食文化の発展により発育が良くなり昔より初経が早く、閉経が遅い人が増えています。

また、出産の経験がない方や高齢出産の方も増加傾向にあります。こうしたことが原因で月経の回数が多くエストロゲンに触れている期間が長くなり、乳がんや子宮体がんのリスクが高まると言われています。

このエストロゲンの過剰分泌のリスクに対し、イソフラボンのエストロゲン拮抗作用が効果を発揮します。

ただ一つ注意しなくてはならないのは、食経験が十分ある大豆食品からイソフラボンを摂取する場合は問題ないのですが、大豆イソフラボンを濃縮したもの、それを添加した食品に関しては十分な食経験がありません。

そのため、健康食品のように濃縮した形でイソフラボンを摂取する場合は、1日の摂取目安量(30mg)を超えないように心掛けてください。

大豆イソフラボンの効果!なぜ女性に人気なのかその理由!

イソフラボンと女性ホルモンの関係のまとめ

エストロゲン、耳にはするけど、これだけの効果があることは知っていましたか?

頭の中で、エストロゲン=女性ホルモンと変換できるようになったら、必要性が再確認できますよね?

しっかり摂取しておきたい大切な成分です。

イソフラボンの関連記事

大豆イソフラボンの効果!なぜ女性に人気なのかその理由は?

イソフラボンの効果まとめ!女性や男性にどんな効果があるの?

イソフラボンの副作用!摂りすぎると体にどんな影響があるの?

イソフラボンと女性ホルモンの関係とその効果とは?

イソフラボンの多い食品って何?それらの摂取量や含有量は?

イソフラボンと男性ホルモンの関係とその効果は?


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする