女性ホルモンを増やす食べ物や飲み物は何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

女性ホルモンを増やす食べ物や飲み物の特集

敏感に反応する言葉ではないでしょうか?

「女性ホルモン」

あの人はなんか魅力を感じる、なんか女性らしい。

女性の方が、女性に対してそんな風に感じることもあると思います。

そもそも女性ホルモンってなんなのでしょうか?

そして、増やす方法はあるのでしょうか?


Sponsored Link


なぜ、女性ホルモンを増やしたほうが良いの?増やすには、どうすればいいの?

whorumon2
ホルモンと名のつくものは100種類以上もあります。

その中で、こん回のテーマ「女性ホルモン」は、美容と大きく関わりのあるホルモンのひとつなのです。

そして、ひとくくりに呼んでいますが、女性ホルモンには2種類のホルモンが隠れています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)
主に卵胞や黄体から分泌される、妊娠の準備をするホルモン。別名、”美肌ホルモン”と呼ばれるほど、美肌づくりとも関係があります。40代後半ころから分泌量が急速に減少。更年期障害の原因や体温を低下させる原因になっています。

プロゲズテロン(黄体ホルモン)
黄体から分泌される、妊娠をサポートするホルモン。乳腺の発達や血糖値の正常化、利尿作用などの効果があります。エストロゲンに付けられる別名とは正反対の別名を持ち、なんと”ブスのホルモン”と呼ばれます。肌の調子を乱す原因になってしまうことからこのような別名を与えられているのです。

この2種類のホルモンが一定の周期にバランスを保ちながら分泌されているのです。

女性の妊娠や出産、そして美肌や女性らしい体作りをコントロールしている大事な働きを持ちます。

女性ホルモンを増やす食べ物とその効果

whorumon3
豆腐・納豆
大豆イソフラボンが多く含まれている食品に注目するといいでしょう。女性ホルモンと似たような働きを持ちます。


Sponsored Link


お茶
ビタミンEは「老化を防ぐビタミン」と呼ばれています。おススメは煎茶。ビタミンEが多く含まれています。


特にマグロの赤身は、女性ホルモンの代謝に必要なビタミンB6が豊富に含まれています。ほとんどの魚にビタミンB6は含まれています。

バナナ
ビタミンB6を摂取する方法にバナナもおススメ!バナナは食物繊維も多く含みますので、さらに期待できる食品です。


良質なコレステロールを含む卵。コレステロールは女性ホルモンを作る材料になります。

女性ホルモンを増やす飲み物とその効果

whorumon4
豆乳

  • コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けてくれる
  • ビタミン類も豊富
  • 髪の質を向上させる
  • サポニンのおかげで痩せやすい体質に

豆乳効果は挙げたらキリがないかもしれません。豆乳を摂取することで、大豆イソフラボン効果もしっかり実感できるのです。

おススメの飲物は?

声を大にして紹介します、「豆乳」です。順序が逆かもしれませんが、先ほどから紹介している女性ホルモンとにたような働きを持つ「大豆イソフラボン」。ここまでプッシュするからには、少しその効果も詳しく紹介しないとですよね。

バストアップ効果

  • コレステロールを減らす
  • 脳細胞を活性化
  • 自律神経のバランスを整える
  • ストレス軽減効果
  • 更年期障害を抑える

このように、大豆イソフラボンには女性に限らず、男性にも、生きていく中で気を付けたい症状・予防に効果を発揮しています。

女性ホルモンを増やす食べ物や飲み物のまとめ

いかがでしたか?女性ホルモンについて少し知識が付いてくれたら幸いです。

そして、どのような働きをしているのか?

大事なことは、知識を付けたら正しい行動を起こすことです。

紹介した食品は気軽に食卓に登場させられるものばかりではないでしょうか?

その行動が、女性らしさを保つ秘訣になるのです。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする