カビ肺炎の原因と症状や対処法!病院は何科に行けばいいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

カビ肺炎の原因や症状と治し方!

夏になると決まって咳や微熱、体のだるさが長く続く。

毎年、夏になると風邪を引き、それが夏の終わりまで続くのを繰り返している・・。

このような症状に思い当たる方はいませんか?

その場合、単なる風邪ではないかも知れません。

なぜなら、風邪だと思っているその症状が、実は風邪ではなく肺炎の可能性があるからです。

でも、肺炎はウイルスや細菌が原因で発症するもの。

自分の周りには肺炎を患っている人なんていないから、それには該当しないと思うかも知れませんが、それでは近年、罹患者が増えているというカビ肺炎はご存知でしょうか?

「カビで肺炎になるの?」「カビ肺炎の原因や症状は何?」「私の症状、もしかしたらカビ肺炎なの?」

今回は、気になるカビ肺炎について調べてみました。


Sponsored Link


カビ肺炎って何?

kbhengn2
カビ肺炎とは、文字通りカビが原因で起こる肺炎のことを言います。

咳や発熱、だるさといった症状が出ますが、これらは夏風邪と区別がつきにくいため、大抵の方は肺炎だとは思わずに「単なる風邪だろう」と思って放置してしまいます。

また、病院へ行っても医師から風邪と診断される場合もあり、実際に抗生物質などを服用することで症状が治まってしまうため「やっぱり風邪だったのだ」と思い込みやすいのです。

しかし、また翌年の夏になると同じ症状に見舞われる、といったことを繰り返してしまいます。

咳が止まらず夜に眠れない時に効果のある咳を止める方法!

喉の違和感は病気なの?原因と解消法や治し方【漢方や市販薬】

カビ肺炎の症状

kbhengn3
カビ肺炎に感染すると、次のような症状が現れると言われています。

・咳(空咳)

・微熱、発熱

・倦怠感

・息苦しい

・夏の間のみ症状が出る

・自宅や会社など、生活の拠点となる場所にいると症状が強く出るものの、旅行などで自宅などから離れると症状が治まる

カビ肺炎は、夏風邪と症状の区別が難しいですが、風邪と決定的に違うのが「自宅や会社など特定の場所を離れると症状がなくなる」ということです。

風邪を引いているのであれば、どこへ行っても症状が変わりませんが、カビ肺炎は自宅や会社などにいるカビが原因のため、その場から離れると症状が軽くなるということが起こるのです。

喉の痛みに効く5つの治し方と喉の腫れを緩和するツボ!

溶連菌感染症の原因や潜伏期間と発疹や痒みの症状の治療方法!

カビ肺炎の原因

kbhengn4
カビ肺炎は、カビの一種である「トリコスポロン」によって引き起こされます。

カビは、湿度が高く風通しの悪いところを好むため、エアコンの中を始めとして、押し入れやキッチン、浴室や脱衣所、洗濯機の周辺、畳やカーペットの下などに存在しており、カビを吸い込むことで胞子が肺に入ってしまうことで感染します。

カビ肺炎の対処法

kbhengn5
カビ肺炎を発症する原因は、カビの発生にあるため、対処法としては第一に「カビを徹底的に除去する」ことが大切になります。

エアコンの中は湿度が高くなりやすいため、カビが発生しやすい場所の上、送風によってカビを撒き散らしてしまう危険があることから、掃除はこまめに丁寧に行うことが大切です。


Sponsored Link


また、布団やベッドの下も湿気が溜まりやすいため天日干しをして乾燥を促したり、窓を開けて室内の風通しをよくする、キッチンや浴室などは使用した後に水をしっかり拭き取っておくと、カビの発生を防ぐことができます。

カビ肺炎の治し方

kbhengn6
カビ肺炎の治療には、ステロイドが用いられます。

ただし、ステロイドはあくまでも症状を抑えるだけに過ぎず、ステロイドを服用したからといって完治するわけではありません。

ステロイドは、長期服用によって副作用も懸念されることから、治し方としてはまず、カビ肺炎の原因を特定し、その部分のカビの除去を行うことが大切になります。

それと並行して、症状に応じてステロイドが処方されることになります。

なお、築20年以上の木造住宅などで、腐った木にカビが発生しているというような場合には、いくら表面上に見えるカビを除去したからといっても、根本的な解決にはならないケースもあります。

そのような時は、自宅を引っ越すことも視野に入れなければならないこともあります。

カビ肺炎とマイコプラズマ肺炎や風邪の違いは?

kbhengn7
カビ肺炎は、風邪や近年、流行を繰り返している肺炎としてマイコプラズマ肺炎と症状が似ているため、区別をつけにくいと言われていますが、マイコプラズマはカビが原因で発症する肺炎ではなく、Mycoplasma pneumoniaeという微生物に感染することで発症するため、従来の肺炎の治療で用いられる抗生物質が効きません。

また、自宅などの感染源から離れることで症状が回復するという面も見られないため、風邪のような症状が長く続いた場合や、周囲でマイコプラズマ肺炎が流行っている時は、マイコプラズマ肺炎を疑いましょう。

胃腸風邪の原因や症状【下痢】や治療法!感染したりするの?

カビ肺炎が気になる場合、病院は何科に行けばいいの?

kbhengn8
咳や微熱、体のだるさなどが気になり「もしかしてカビ肺炎では?」と思ったら、病院で早めに調べてもらうのがよいでしょう。

万が一、カビ肺炎だった場合、放置してしまうと肺が硬くなって上手く膨らまなくなってしまうことがあります。

なお、カビ肺炎を疑って病院へ行く時は、呼吸器科が専門です。

自宅の周囲に呼吸器科がなければ、内科でも診てもらうことはできますが、カビ肺炎は複数の検査を用いて調べる必要があるため、できる限り専門に診てもらえる呼吸器科を探すのがよいでしょう。

カビ肺炎の予防法

kbhengn9
カビ肺炎を予防するためには、カビを発生させないことが最も重要です。

特に、水回りや、風通しの悪い場所はカビが発生しやすいので、湿気をよく拭き取りカビ取り剤でカビを除去するのは勿論ですが、乾いた後に消毒用アルコールを塗っておくことで、カビの発生を抑えることができます。

また、住宅内部の木が腐っている場合などには、リフォームをしてカビの発生源を断つことも必要になります。

カビ肺炎の原因と症状や対処法!病院は何科に行けばいいの?のまとめ

カビ肺炎は、夏になると風邪のような症状を繰り返すのが特徴です。

毎年、夏の間だけ咳が続く、体がだるく、熱っぽい日が多いという時は、風邪だと思い込まずに一度病院で検査を受けるのがよいでしょう。

なお、一年中エアコンを使用している場合は、夏に限らずカビ肺炎を発症することもあるそうなので、「私は年中、風邪を引いているからカビ肺炎ではない」とは思わずに、エアコンの清掃と共に病院へ行ってきちんと検査をしてみることをお勧めします。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする