カテキンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

カテキンの効果や効能

カテキン」、誰でも一度は耳にしたことのある言葉でしょうが、このカテキン、ポリフェノールの一種で、昔から「タンニン」と呼ばれてきたあの緑茶の渋みの主成分です。

お茶の渋さ、なんともいえませんよね?

お茶のカテキンは、1929年、理化学研究所の辻村博士らによって初めて存在が確認されました。

今回、馴染みのあるカテキンについて調べようと思います。

カテキンの持つ効果や効能

そして、摂取量や副作用など調べていきましょう。


Sponsored Link


カテキンって何?

katekin2

カテキンは緑茶の渋みの主成分。

その茶葉も中にも形の違う4種類のカテキンが存在します。

  • エピカテキン
  • エピガロカテキン
  • エピカテキンガレート
  • エピガロカテキンガレート

少し興味深いことが記載されていました。

茶葉から、お茶飲料に製造の過程で加熱処理を行うと、4種類のカテキンが変化し、エピカテキンは「カテキン」に、エピガロカテキンは「ガロカテキン」。

エピカテキンガレートは「カテキンガレート」

もうお分かりですよね?

エピガロカテキンガレートは?

そう「エピ」が消えてガロカテキンガレートです。

これはカテキンの性質にありました。

烏龍茶や紅茶を思い出して下さい。

烏龍茶や紅茶は赤っぽい色をしていますよね?

でも、カテキンは元々無色なんです。

カテキンは非常に酸化されやすい物質。

製造工程中に酸化酵素の作用で酸化重合物が作られると、無色のカテキンが、オレンジから赤色となります。

烏龍茶や紅茶が赤っぽい色をしているのは、このためです。

このようにカテキンは物質の変化を起こしやす特徴があります。

緑茶の効果・効能と美味しい淹れ方!妊婦は大丈夫?

紅茶ポリフェノールの効能・効果!含有量は?

カテキンの効果・効能について

katekin3

「お茶は体に良い」と聞きますが、お茶のもとはカテキンですよね?

では、カテキンの効果を調べましょう。

殺菌効果

腸管に感染する様々な菌、例えばコレラ菌、チフス菌、呼吸器感染の原因菌で言うと、百日咳菌、肺炎マイコプラズマ。

食中毒を起こす黄色ブドウ球菌、あとご存知ですかね?水虫の原因菌。

水虫を発症させているのは、白癬菌という菌です。

まだまだたくさんの病原菌はありますが、これだけいるといつどの菌に感染してもおかしくないように感じてしまいます。

そこで、「カテキン」摂取で予防しませんか?という流れになります。

カテキンには、たくさんの病原菌を殺菌する力があり、その力なんと、お茶1mlで1万個の細菌を殺菌。殺菌力だけじゃない、さらには細菌が出す毒素を解毒する働きも持ち合わせています。

試験管内実験だけでなく、動物実験や臨床実験でも、インフルエンザウイルスの感染を阻止することが明らかになりました。そして抗体と同じように、インフルエンザウイルスに瞬時に結合し、ウイルスの感染を阻止することが判明したのです。しかも、カテキンは抗体と異なって、非特異的にどの型のウイルスにも効果があったのです。難しすぎますね。簡単に言うと風邪の予防あるいは風邪に罹ったかな、と思ったらお茶でうがいをすると効果があります。カテキンの殺菌作用で菌を殺し、収斂作用で傷ついたノドの粘膜を保護します。

百日咳の症状と咳が止まらない時の対処法や検査の仕方!

マイコプラズマ肺炎の症状や原因と治療法!感染する場合もあるの?

老化防止効果

老化防止効果で気になるのはカテキンVS活性酸素の関係です。

活性酸素が異常に増加すると、様々な機能の低下、そして老化を促す原因になったり、生活習慣病発症原因とも言われます。

厄介に感じる活性酸素ですが、そうも言いきれないのが活性酸素で、活性酸素の働きに、体内に侵入してきた細菌やウィルスを殺す生体防御の役目もあるというのです。

困ったものです。

細菌やウィルスを殺す生体防御は欲しい、でも老化現象を引き起こすなら、生活習慣病の原因になるなら、いらない?かな。

諦めてはいけません、生体防御の力を発揮してくれるだけの活性酸素を体内に蓄積すればいいのです。

大量発生してしまうと余計な力まで、発揮させます。

では、活性酸素を適度な濃度にするには?

通常体内では活性酸素の発生を抑えたり、 消去を行なったりするための物質が存在しています。それらの物質を抗酸化物質(SOD)といい、その酸化抑制反応を抗酸化作用といいます。そこで私たちは抗酸化物質の多くを食品から摂取する必要があります。植物には、フラボノイドとよばれる強い抗酸化作用を示す多くのポリフェノールが存在します。お茶ではカテキンと称され、特にその中でエピガロカテキンガレートといわれるものはその含量が最も多く、このエピガロカテキンガレートの抗酸化作用は、現在知られている植物ポリフェノールの中でも最も強い活性を示す部類に入ります。また、お茶には、カテキン類以外の抗酸化成分として、ビタミンA・C・E、アミノ酸類、微量金属類のセレン・亜鉛などが豊富に含まれています。お茶の抗酸化ビタミン量を他の食品と比較しても高いことがわかっています。

カテキンの持つ、抗酸化作用を存分に発揮させることで、活性酸素の大量分泌を抑えられるということです。

もちろん活性酸素の持つ生体防御は維持したまま、老化を招いてしまう余計な力を排除。

このことからカテキンに老化防止効果を求めるのです。

活性酸素の原因は?除去の方法や対策はどうすればいいの?

便秘予防効果

人の腸内をうじゃうじゃと動き回る100種類以上の細菌。種類が100種類、そして存在するのは100兆個以上。

この細菌たち名前まで付けられ、細菌集団を「腸内フロ-ラ」と呼びます。

しかし腸内フローラと呼ばれる細菌集団、すべての細菌が悪いわけではありません。

聞いたことありますよね?

善玉菌という言葉。善玉菌は字の通り、体に良い、必要な菌です。

その他に悪玉菌という体内環境を破壊する菌が共存している状態です。

ここでカテキンは、悪玉菌に対して強い殺菌効果を発揮!善玉菌には当たらず障らずではなく、悪玉菌には殺菌効果を発揮し、善玉菌を増やす効果があるというのだから驚きです。

便秘に効くツボやマッサージ!スッキリ便秘解消法

腸活6つの効果的な方法でダイエットや美腸に!

血圧調整効果

カテキンの血圧上昇抑制あるいは降圧効果が認められ、最高・最低血圧のいずれもが低下することが確認されています。茶葉を摘んだ後、嫌気状態で約5時間保存してから製造される「ギャバロン茶」では、カテキンの他に血圧上昇抑制作用を持つガンマアミノ酪酸の含量が普通の緑茶より多く、血圧上昇抑制効果が高いといわれています。

脳卒中の予防

脳卒中(脳出血、脳梗塞)の最大の危険因子は高血圧です。お茶に含まれるカテキンや、ギャバ(ガンマアミノ酪酸)には、血圧の上昇を抑制する作用があるので、脳卒中の予防にも当然効果があると考えられます。
最近の研究では、脳卒中の発症に一酸化窒素が関与していることが明らかになりました。すなわち脳卒中の発症時には、脳で大量の一酸化窒素とスーパーオキシドアニオンラジカルが生成され、極めて傷害性の強いパーオキシナイトライトが発生して脳組織を傷つけているわけです。茶カテキンには、このパーオキシナイトライトと反応して不活性化する作用があります。ヒトでの疫学研究でも、お茶の飲用が脳卒中の予防に効果があるとする結果がいくつか出されています。

抗アレルギー作用

アレルギー反応は4つの型(I・II・III・IV)に分類されます。I~IIIは抗体が関与しアトピー性皮膚炎をはじめアレルギー性鼻炎・気管支喘息・じんま疹などです。一般によく知られるアレルギ-反応はI型に属します。I型アレルギーの発症は、ある種の食品や花粉、ダニなどによりつくられるそれぞれの特異的抗体(IgE)を介して、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質を遊離することにより引き起こされます。そのため治療薬としては抗ヒスタミン剤や肥満細胞からの化学伝達物質の遊離抑制作用を有する薬が多用されます。お茶の主要な成分であるカテキン類、特にエピガロカテキンガレートには肥満細胞からのヒスタミン遊離抑制作用があることが知られています。 最近、このエピガロカテキンガレートの構造の一部が強い抗アレルギー作用を示すことが報告されました。

カテキンってどういう食べ物に多く含まれているの?

katekin4

はじめに記した様に、エビカテキン、エビカロカテキン、エビカテキンガレートなど7種類あり、総称で特にカテキン。

そしてカテキン効果を調べて分かるように、抗酸化作用、抗ガン作用、健胃作用、コレステロール高血圧脂肪吸収の抑制など効果は大きいでがあります。

飲み物からの摂取でオススメなのは、

  • 緑茶
  • 煎茶
  • 番茶
  • ほうじ茶
  • 日本茶

などの日本茶全般OKです。他にも、

ウーロン茶

以外に、

  • コーヒー
  • 赤ワイン

果物では、

  • リンゴ

そして大好きなチョコレートやカカオなどにもカテキンは含まれます。

カカオポリフェノールの効果・効能!含有量はどれぐらいあるの?

烏龍茶ポリフェノールの効果効能!含有量はどれぐらいあるの?

赤ワインエキスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

カテキン・サプリメントの選び方や基準

時間がない、今日は時間が無いから摂取出来なかったはイヤ!

時間が無い日はサプリでも補いたいという、意気ごみのある方!

数あるサプリメントからどの商品を手にしたらいいのでしょう?

ただただ「カテキン」の表示で手にしていいのでしょうか?

カテキンの魅力は、他の成分との相乗効果です。

ビタミンやミネラルと同時に摂取することでカテキンの効果は増し、他の成分の力も引き出します。

サプリメントを選びなら、

必ず、他の抗酸化物質が同時に摂取できるサプリがオススメです。

「天然」にこだわりましょう

天然に勝るものはなし!

カテキンの摂り方や摂取量は?

katekin5

摂取法の前に摂取量から調べましょう。

実は、カテキンの明確な1日の摂取量と言うのはありません。

しかし一説に「1日1gのカテキン」をといわれているようなので、今回はこの1日1gでまとめています。

1gのカテキン?

緑茶一杯飲むことで摂取できるカテキンの量は0.1gだそうです。

緑茶一杯で0.1g、つまり10杯で「1日1gのカテキン」と言う説の量を満たします。

では、摂取法はあるの?

この摂取法はあなたがどのような効果を得たいか?という問いに答えになります。

もちろんカテキンの摂取は決められた時間というのはありません。

摂取をすることで効果や効能は、もう分かりましたよね?

まずは意識して摂取することが大事なのです。

そこでカテキン生活にダイエットを求める人・・・

だって書いてありますよね?「脂肪燃焼」って!

そうカテキンには脂肪を燃やす力もあります。

この場合は一日の運動前の、できるだけ早い時間に飲むことが効果を最大限に発揮します。

そして、やはり人はまず健康が第一です。健康でなければ何も出来ません。

健康維持のため、カテキンの効果を最大限に発揮して欲しい・・・

やはり、カテキンを食事の前後に取り入れる習慣を付けましょう。

カテキンの副作用について

katekin6

摂取量を見ても分かるように、カテキンにははっきりとした「上限摂取量」がありません。

少し、頭の隅に入れていて欲しいのは、カテキン摂取との関係があるのか謎ですが、

カナダ・フランス・スペインで緑茶カテキンの過剰摂取で肝臓障害が報告されているそうです。

そして副作用ではありませんが、アルコールをたくさん飲んだり、コーヒーの摂取量が増えると、トイレが近くなりますよね?

それと同じ、緑茶にもカフェインが含まれ、カフェインが原因の興奮作用や利尿作用が起こることもありますので、一気に大量の摂取には注意が必要です。

カテキンのまとめ

カテキンの効果・効能、そして摂取量や副作用、勉強になりましたか?

少しでも役に立てる内容が記載出来てたら光栄です。

そして勉強していて、ふと温かいお茶が飲みたくなりました。

たまにはゆっくりと茶葉から、あの香ばしいにおいをかぎながら一息つく時間を作ろうと思います。


Sponsored Link


参考文献
  • 島村忠勝著:奇跡のカテキン、2000、PHP研究所
  • 茶の科学、1991年、朝倉書店
  • お茶はなぜ体によいのか-カテキンパワ-の秘密-、裳華房(1999)
  • アレルギーの理論とその展開、医薬ジャーナル社(大阪)1991

成分の効果・効能

リンゴ酢の効能・効果や美味しい飲み方と作り方!ダイエットに最適!

緑茶の効果・効能と美味しい淹れ方!妊婦は大丈夫?

酵素玄米の効果とダイエットのやり方や美味しい炊き方!

モリンガの効果・効能や成分と副作用の心配はないの?

ブロッコリースプラウトの効能・効果が凄い!ダイエットにも最適?

麻の実の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ザクロの効果・効能と食べ方や副作用の心配はないの?

カムカムの効果・効能と栄養や副作用の心配はないの?

カカオの効果・効能【ダイエットとカロリーや副作用】

マキベリーの効果・効能やサプリの選び方と副作用は?

ビーポーレンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クコの実(ゴジベリー)の効果・効能【栄養と摂取量や副作用】

たんぽぽ茶の効能・効果や作り方と口コミ!不妊や妊婦におすすめ!

ケールの効果・効能と栄養や副作用の心配はないの?

豆乳の効果・効能と栄養やカロリー!副作用の心配はないの?

たんぽぽコーヒーの効能・効果や作り方と口コミ

アセロラの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

明日葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イノシトールの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オリゴ糖の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オオバコの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ノコギリヤシの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ローズヒップオイルの効能・効果と口コミや作り方!

オリーブオイルの効能・効果やカロリーとダイエット方法!

葛根湯おすすめ3選と飲み方や効果・効能と副作用!授乳時は大丈夫?

小青竜湯おすすめ3選と飲み方や効能と副作用

麦門冬湯おすすめ3選と飲み方や効能・効果と副作用!妊婦は大丈夫?

麻黄湯おすすめ3選と効能・効果や飲み方と副作用!妊婦は大丈夫?

ホホバオイルの効能・効果と使い方【髪・ニキビ・アトピー・育毛】

グレープシードオイルの効能・効果やカロリーと成分!

ローヤルゼリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

えごま油の効能・効果や摂取量と成分や副作用の心配はないの?

ごま油の効能・効果やカロリーとレシピ!うがいにもいいって本当?

亜麻仁油の効能・効果や摂取量や副作用の心配はないの?

アルガンオイルの効能・効果や口コミと使い方【髪・アトピー・ニキビ】

ビルベリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ブルーベリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

プロポリスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アントシアニンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ルイボスティーの効能・効果や飲み方や副作用の心配はないの?

ミドリムシ(ユーグレナ)の効果や効能と栄養や口コミは?

はちみつ大根の驚くべき効果や効能とレシピや飲み方!

はちみつレモンの作り方と効果・効能や保存の仕方!

水素水の効果や効能と選び方のコツ!作り方も教えて!

キヌアの効能や栄養とカロリー!ダイエットできるの?

アサイーの効果や効能と栄養!本当にダイエットできるの?

チアシードダイエットに効果がある食べ方とレシピや栄養

レモン水の作り方と効果・効能【便秘解消やダイエット】

小麦若葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

コリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ゴマリグナンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クリルオイルの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オキシカインの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オオヒレアザミの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オオアザミの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

エフェドリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

エキナセアの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

MSMの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

梅エキスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

インド人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イワベンケイの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イエルバマテの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アンデス人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

赤ワインエキスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

トンカットアリの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アロエの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アラビノキシランの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

αリポ酸の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

夏白菊(フィーバーフュー)の効果・効能や副作用の心配はないの?

ニガウリ(苦瓜)の効果・効能や副作用の心配はないの?

ニコエンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ナットウキナーゼの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

トコトリエノールの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ヒアルロン酸の効果・効能や副作用の心配はないの?

バレリアンの副作用と効能や効果!不眠症は改善できるの?

バレニンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

バナバ茶の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アンセリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

田七人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

テアニンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

チロソールの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

チャーガの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

チェストツリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

月見草オイルの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

セラミドの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

セイヨウシロヤナギの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

セイヨウカノコソウの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

しその実油の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

スピルリナの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シャンピニオンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シトルリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

サジーの効能・効果や摂取量や副作用の心配はないの?

エゾウコギの効能・効果や摂取量や副作用の心配はないの?

高麗人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

桑の葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シナモンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

コラーゲンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ケフィアの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

大麦若葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クロレラの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クレアチンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クランベリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アガリクスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

発芽玄米の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

冬虫夏草の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

甜茶の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ノニの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

肝油の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

グアガムの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

キャッツクローの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ギムネマの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ガルシニアの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

キトサンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

カルニチンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オリーブの葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

エフェドラの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イチョウの葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする