子供のインフルエンザの症状や潜伏期間は?熱があるときの対処法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

子供のインフルエンザ対策について

肌の乾燥を感じ始める時期、毎年気になるのが「インフルエンザ」。

集団生活をしているお子さんをお持ちの親なら、様々な情報に敏感になる時期です。

いつも以上にお子さんの監視に目が光ります。

大人のかかるインフルエンザに比べると、お子さんはうまく伝えることが出来ません。

本当はどんな感じなの?どこがどう痛いの?もう遊んでいるけど大丈夫なの?

心配でたまらなくなります。

今回、子供のインフルエンザ対策について勉強しておきましょう。


Sponsored Link


子供のインフルエンザの症状はどういう感じ?

influ4-2

昨日まで、さっきまで元気に遊びまわっていったのに突然、症状が現れた!

これが子供の初期症状で特徴で、親も突然過ぎてアタフタする原因ではないでしょうか?

大人なら、なんとな~く喉が痛いな~。ん?少し熱っぽい!と感じ、休養をとろうとします。

子供の場合は、それがありません。

むしろ元気いっぱい遊ぶことが仕事、決して悪いことではありません。

だからこそ、親のしっかりした知識が必要になるのです。

そして、突然現れる症状。

  • 発熱(38.0度以上の高熱)
  • 激しく止まらないせき
  • 鼻水
  • 下痢
  • ぐったり感

インフルエンザB型に感染したお子さんは、筋肉の炎症をおこし、足の痛みや、ふくらはぎをつまむと痛がる子どももまれにいます。

そしてお子さんの場合は、

  • 喉頭炎
  • 気管支炎
  • 細気管支炎

など、肺炎を起こし症状が現れる場合もあります。

インフルエンザA・B型に感染

インフルエンザA型・B型に感染した場合、この2種のウイルスは

  • 咽頭
  • 結膜

などに多く炎症をおこします。

また首のリンパ節、気管支炎、肺炎をおこします。

このようにインフルエンザウイルスに感染、二次的に細菌に感染してしまうと、

  • 耳炎
  • 副鼻腔炎

になりやすい特徴を持っています。

子供のインフルエンザで注意すべき怖い合併症

子供がインフルエンザにかかると、怖い合併症にかかる可能性があることをご存知でしょうか?

合併症はインフルエンザの症状が重症化した時にかかる可能性があるのですが、子供のほうが大人よりもかかる可能性は高いのです。

毎年、数百人の子供が発症し、そのうちの10%~30%が死亡し、約20%の確立で後遺症がでているそうです。

子供がかかりやすい合併症には、どのようなものがあるのでしょうか?

危険度の高いインフルエンザの合併症

  • インフルエンザ脳炎・脳症
  • 中耳炎
  • 熱性けいれん
  • 肺炎
  • 気管支炎

では、順に合併症の特徴を見ていきましょう。

インフルエンザA型・B型・C型の違いは?

インフルエンザの頭痛がひどい時の症状や対処の仕方

R-1ヨーグルトの効果と特徴!インフルエンザの対策に評判!

インフルエンザに加湿器は効果的か?メリットやデメリット!

インフルエンザ脳炎・脳症

6歳以下の幼児に多く発症し、脳に炎症を起こし、ぐったりしたり、意識障害、痙攣(けいれん)などの症状が出ます。意識障害やけいれんが10分以上続いた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。

インフルエンザ脳症の原因や症状と予防

中耳炎

ウィルスが、中耳に侵入して炎症を起こし、中耳に膿(うみ)がたまると耳がひどく痛みます。機嫌が悪く、泣いてばかりいる場合やしきりに耳を触る場合は、急性中耳炎を疑いましょう。

熱性けいれん

熱が上がった時に、手足が突っ張って、全身にけいれんが起き意識がなくなります。時には、唇が紫になったり、白目をむいたりすることもあるようです。通常は、数分程度で治まりますが、10分以上続く場合や、何回も繰り返したり、意識が戻らない時は、すぐに医師の診断を受けて下さい。

肺炎

高熱が何日か続いて、ひどい咳が出て、いつもより荒い呼吸で、息苦しそうにします。赤ちゃんは、症状の進行が早いために、咳が続いて苦しそうな場合は、早めに医師の診断を受けましょう。


Sponsored Link


気管支炎

熱が続いて、「コンコン」という軽い咳から、「ゴホンゴホン」という、たんが絡んだ咳になったら、気管支炎を疑いましょう。(ひどい場合は、肺炎のケースもあります。)気管支炎は、インフルエンザの熱が出た2~3日後に症状が出るために、咳がひどくなれば再受診しましょう。

子供のインフルエンザの潜伏期間はどれくらいあるの?

influ4-3

インフルエンザウイルスに感染した場合、感染から症状が現われるまでの潜伏期間は2~3日と言われています。

あれ?おかしいな?と感じたらしっかり監視しておきましょう。

子供がインフルエンザにかかった時の対処の仕方は?

influ4-4

インフルエンザ発症、とても辛いお子さんを見ると悲しくて仕方ありませんが、しっかり対処してあげることが愛ですね。

●睡眠を十分にとらせ、ゆっくり休ませる

●お茶やジュース、スープなど飲めるもので良いので、水分を十分にとらせる。

●おかゆなど、消化のよい食事をとる

●部屋の温度20~25℃、湿度50~60%に保つ

●うがいができる場合はうがいをする

●他人に移さないように、医療機関に行くときは、マスクを着用する

●外出は控える

●高熱が続く場合や一度下がった熱が再び上昇し始めて咳や痰がひどくなってきた場合には、合併症が疑われるので、すぐにお医者さんに行く

そして様子を診て、病院に電話を入れてから、再度受診しましょう。

しっかり完治しているか医師に聞くことが大事です。

お子さんの場合、説明したように2次感染の恐れがありますので、しっかり受診してから生活を通常に戻すことが大事です。

インフルエンザを予防する方法

1.手洗い、うがい

手洗いは付着したインフルエンザウイルスを洗い流して体内への侵入を防ぎます。うがいは喉に侵入しようとするウイルスを洗い流し、喉の乾燥を防ぐ効果があります。風邪を予防して健康な体を維持するための基本対策ですので、習慣化しましょう。

2.マスク

インフルエンザウイルスは微細で、マスクをしていても入ってきてしまうので、100%防止できるわけではありません。ただ、マスクをすると自分の息で湿度が高まり、乾燥を防ぎ、インフルエンザにかかりにくくする効果があります。また、インフルエンザにかかってしまった人が、咳やくしゃみの飛沫で他人に感染させてしまうのを防ぐ効果もありますので、家族が咳やくしゃみをし始めたらマスクを着用してもらうようにしましょう。子供はあまりマスクが好きではありませんが、

3.加湿

加湿器、濡れタオルなどを使って、室内を適度な湿度に保つことは、有効なインフルエンザ予防法です。喉の粘膜が良好に保たれ、体内へのウイルス侵入を防ぐことができるなど、湿度が高い環境ではインフルエンザに感染する確率が下がるとされています。

4.換気

たくさんの人が集まる場所や、家族にインフルエンザの人がいる場合、こまめな換気も必要です。

5.人ごみを避ける

インフルエンザが流行している時期は、できるかぎり人ごみは避けましょう。

子供がインフルエンザにかかった時の対処法のまとめ

お子さんの場合、ほとんどの発熱は2~4日で終わります。

しかしインフルエンザの型によって、2~3日目にいったん熱が下がり、あ~治った~、良かった~と安心すると、再び2~3日熱が出ることもあります。

せきやたんが続くことが多いのは、粘膜の機能がもとにもどるのが遅れるためで、それもだんだんに治っていきます。

インフルエンザ、感染した本人はもちろん、親の家族のケアが必要になります。

感染しないための予防、そして感染してしまった場合の対処法、知識が身についていたら大丈夫でしょう。

インフルエンザの関連記事

プラズマ乳酸菌が凄い!その効果とR-1乳酸菌との違いは?

R-1乳酸菌ヨーグルトの効果と特徴!インフルエンザ対策に評判

免疫力を上げる食べ物や食品・食材おすすめ15選!

重曹うがいの効果と正しいやり方や作り方!デメリットは?

喉の痛みに効く食べ物や飲み物とその条件やポイント!

咳が止まらず夜に眠れない時に効果のある咳を止める方法!


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする