ダイエット中の空腹感を解消する方法【食べ物と運動】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ダイエット中にお腹が空いてたまらないときの解消法

ダイエットをしていると頭にあるから空腹を感じるのか?

あの空腹感さえ抑えられたら、成功するはず!

感じている人もいるでしょう?

なんと言っても、あの空腹感がストレスに繋がっているから。

そんなダイエットの一番の敵?空腹感。

今回、その空腹感の乗り越えられる方法を紹介しましょう。


Sponsored Link


実はダイエット中に空腹を感じるのは「血糖値」が関係!

dkuhuku2
満腹や空腹を感じるのは「胃」ではなく「脳」

あ~お腹いっぱい!そんな時も、もうお腹空いた~!と感じる時も人は腹に手を当てていませんか?

胃の中がいっぱいに満たされたから、満腹感を感じ、胃の中が満たされていないから、空腹感を感じていると勘違いしていると思います。

実は、違います!人が空腹と感じるときの体内のメカニズム。

  1. 肝臓のグリコーゲンが減る
  2. 血糖値が下がる
  3. 脳が「空腹」を感じる

このように、脳が空腹を感じているのです。そして、満腹を感じるのも脳です。

  1. 食物中の炭水化物からグリコーゲンが合成される
  2. 肝臓のグリコーゲンが一杯になる
  3. 血糖値が上がる
  4. 脳が「満腹」を感じる

体内にはこのような働きがあるのです。ポイントは血糖値です。

血糖値が下がると、空腹を脳に伝達。

そして血糖値が上がると、満腹を脳に伝達しているということです。

空腹感を抑えて血糖値を上げる方法【食べ物編】

dkuhuku3
脳のエネルギー源はブドウ糖のみです。


Sponsored Link


しかし脳はブドウ糖を蓄えておくことはできません。

このブドウ糖が不足すると、脳の働きが悪くなり、正しい伝達が出来なくなります。

空腹を感じたり、イライラしたり、集中力の低下など。

この時、一気にドカ食いしてしまったり、またイライラが溜まってストレスをためる前に、集中力不足で怪我をしてしまう前に、仕事に支障を出す前に、口にして欲しい食品です。

黒糖

  • 血糖値の急上昇を抑える作用
  • 体力強化
  • 筋肉痛予防
  • 疲労回復
  • コレステロール抑制

チョコレート
糖分や栄養素が豊富に含まれたチョコレート。少しかじる程度であればダイエットにも影響がなく、空腹感を抑えてくれます。

黒糖・チョコレートを常に持ち歩くといいでしょう。

運動して血糖値を上げ空腹感を抑える方法

S
運動とは言え、軽めの運動で十分です。

運動をすることで、肝臓から血液中に脂肪が出ます。

そこで、血糖値が上がり、空腹感が和やらげられるのです。

  • 移動を階段に変える
  • 少し外を歩く
  • その場で足踏みをする
  • 屈伸運動をする

これくらいの軽い運動で大丈夫です。

ダイエット中の空腹感を解消する方法のまとめ

いかがでしたか?ダイエット中の空腹対策は?

紹介した全て簡単なことですよね?

ダイエット中の方、ダイエットを始めようとしている方、そして日々の生活に少しのダイエットの知識を頭に入れ、過ごしたい方は「血糖値」このポイントを押さえることから始めていくといいでしょう。

そして実行するだけです。

かばんに黒糖とチョコレートを持ち歩く、少し空腹を感じたら階段を使う。

その場足踏みをする!それだけです。ぜひ、実践してみて下さい!


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする