MSMの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

MSM(メチルサルフォニルメタン)の効果や効能

MSMってなんでしょう?

このような3文字のアルファベットが並ぶと、とっさにインターネット用語かな?と感じるのは、わたしだけでしょうか?

でも、今回紹介したいMSMは決して、インターネット用語ではありません。

私たちに必要な効果を持っている物質なんです。

そこで、気になるMSMとは?効果や効能をまとめています。

今の生活も十分に楽しい!でも、そこにMSM効果が実感できたらもっと楽しく充実させることができるのです。


Sponsored Link


MSMって何?有効成分は?

msm2
MSMとは?

  • 正式名称がメチルスルフォニルメタン
  • あらゆる生き物に存在、様々な食材に含まれるイオウ成分を含んだ物質
  • 質量の約34%がイオウ元素で構成された成分
  • 骨や皮膚、そして細胞組織に必要なコラーゲンを健康に保つ働きがある
  • 健康的な体の組織をつくることに欠かせない成分

MSMの働きは?

  • 痛みや炎症を鎮める効果が期待されている
  • 関節炎やリウマチといった関節の痛みを抑えてくれる

MSMの効果・効能について

msm3
関節炎やリウマチの痛みをやわらげる効果
そもそも、関節リウマチは免疫系の異常により関節の滑膜細胞が増殖、骨や軟骨の破壊を伴った関節炎を起こす自己免疫疾患です。病因としては、遺伝要因と環境要因(ウイルス、細菌、マイコプラズマ)があり、複雑に絡んで炎症反応を誘導していると考えられています。また、関節炎が原因で、感染性関節炎、変形性関節症、関節リウマチなど炎症性関節炎に分類され、関節疾患の中でも変形性関節症は特に多く、関節や股関節に頻発することで知られています。そこで関節の破壊を抑制するといわれているMSMが効果を発揮し、関節炎の予防、また痛みを緩和してくれる作用から、痛みの緩和にも効果が期待で知るのです。

アレルギー症状緩和効果
MSMのアレルギー症状緩和効果は、研究結果でも報告されており、花粉症に伴うアレルギー性鼻炎の症状の緩和に有効であるといわれています。

MSM効果は主に関節の健康維持に発揮することが分かります。

年を重ねることで、多くの方がこの症状に悩まされていると思いますが、関節の痛みは少しの動作も苦になりますよね?

また、え?こんなことで!と些細なことで骨折することもあります。

関節の健康は毎日の生活を活発に楽しく過ごすために必要なことですよね?

MSMの科学的データ

msm4
MSMの研究は様々な学者から、効果が証明されています。その一つ、変形性関節症改善効果を紹介しておきます。

軽度から中程度の変形性関節症患者118名を対象に、グルコサミン 500mg とMSM 500mg のいずれか、または両方を12週間摂取させたところ、全ての投与群で疼痛指数、膨潤指数、痛みの視覚アナログ尺度評価、15 m歩行時間、関節可動性指数、Lequesne指標 (痛み、歩行能力、身体機能を評価) の改善が見られ、鎮痛剤の使用が減少したことから、MSMは関節痛予防効果が期待されています。また併用群でより改善が見られたことから、両者の併用効果が確認されました。

出典元:変形性関節症改善 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17516722


Sponsored Link


MSM・サプリメントの選び方や基準

msm5
では、これからすぐにでも取り入れたいMSM効果。

実はMSMは私たちには馴染みの低い成分で、食品に含まれるMSMは大変少量。

食品からの摂取は難しいのです。

そこで日常の生活ではMSMを取り入れるには、サプリメントで補うことが望ましいと思います。

MSMサプリメントの選び方

含有成分にMSMがしっかり配合されているか?
当たり前のことですが、MSM効果を実感したいのにMSMの配合量が少ない!こんな商品もあります。様々な成分を配合しており、一つ一つの配合量が少ない商品からはMSM効果を実感するのは難しいのです。MSM配合量に注目しましょう

プラスの成分にグルコサミン、コンドロイチンが配合されていたら効果アップ
MSMは痛みや炎症を抑える働きを持ちますが、関節痛や筋肉痛などを予防するためには、グルコサミン、コンドロイチンの摂取もおススメです。一つのサプリメントで同時に取れたらいいのですが、好ましいサプリメントがない場合は、MSMと別にグルコサミン、コンドロイチンサプリメントを取り入れてもいいでしょう

MSMの摂り方や摂取量は?

msm6
MSMサプリメントの摂取量は、多くの栄養学者が1日2000mg~8000mgくらいの摂取を推奨しています。

これはだいぶ数字に開きがありますが、安心してください。

MSMは食品にも含まれ、水と同じくらいに安全なミネラルです。

摂取量に特に規定はなく、自身の症状に合わせて取り入れても安全!だということです。

また、せっかくMSMサプリメントを取り入れるのであれば、効果を実感したいですよね?

そこで、適度な運動を取り入れるようにしましょう。

関節の痛みや炎症はMSMサプリメント効果に期待して、ご自身で関節を丈夫に鍛えてあげることができれば、さらに効果は上がります。

MSMの副作用について

msm7
最後になりますが、嬉しい効果が期待できるMSMに副作用の心配はないのでしょうか?

先ほども挙げましたが、MSMは水と同じくらいに安全なミネラル。

MSMサプリメントは医薬品ではなく食品なんです。

つましMSMは、おそらくほとんどの人に安全といえるでしょう。

それでも、稀にこのような副作用を引き起こすことがあります。

摂取をやめる必要があるのか?参考にしておきましょう。

  • 吐き気
  • 下痢
  • 膨満感
  • 疲労感
  • 頭痛
  • 不眠
  • かゆみ

このような症状は、MSMが体に合わなかった・・・サインだと気付き摂取をやめるようにしましょう。

また、MSMに関する特別な注意と警告があります。

妊娠中や母乳哺育中の摂取
危険だということではありませんが、妊娠中と母乳哺育中に対するMSMの使用についての安全性が明確ではありません。妊娠中、また母乳哺育中はいろいろと敏感に感じやすい時期なので、使用しないようにしましょう。

MSMのまとめ

しかしMSMはミネラル、ほとんどの方に安全に取り入れてもらえる成分です。

今回、MSMの効果や効能をまとめましたが、年を重ねてから急いで取り入れる!ものではなく、常に必要な効果です。

今日から、あなたもMSM効果を実感して、毎日の生活を楽しく過ごしていきませんか?


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする