妊娠中の便秘解消法【安全でお腹にやさしい方法】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
benpininpu1

妊娠中の妊婦は便秘になりやすい!

妊娠すると、それまで全く便秘とは無縁だった方までこぞって「便秘になった」と言うようになります。

妊娠=便秘という図式が成り立ってしまうくらい、妊娠は便秘と切っても切れない縁のようなものです。

では、一体なぜ妊娠をすると便秘になってしまうのでしょうか。

これには、女性ホルモンの働きが深く関わっています。

また、臨月に向けてどんどんとお腹が大きくなっていきますが、このお腹の中、すなわち子宮の位置もまた便秘と大きく関わっているとされています。

妊婦さんにとって、便秘と向き合う事はある種の宿命とも言えるかも知れません。


Sponsored Link


妊娠中に便秘になりがちな原因は?

benpininpu2
女性が元々便秘な方が多い理由の一つとして、女性ホルモンの働きが関係していると言われています。

女性は、生理周期に伴って2つの女性ホルモンの分泌が増減を繰り返すのですが、月経前に便秘になる女性が多いのには黄体ホルモンであるプロゲステロンにより腸の動きが阻害されるからだと言われています。

妊娠をするとそのプロゲステロンが大量に分泌されるので、より便秘に陥りやすくなってしまうのです。

また、お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれ子宮も大きくなりますが、実は腸と子宮はとても近しい場所に位置しています。

ですので、大きくなった子宮に圧迫され腸が狭まってしまう事も、妊婦さんが便秘になりやすい原因として挙げられています。

妊娠中に安全な便秘解消法は?


Sponsored Link


便秘解消の方法として挙げられるマッサージや運動、水分の摂取は、妊婦さんが行う場合は気をつけなければならない事もあります。

マッサージや激しい運動は方法を間違えると子宮収縮を促してしまいますし、水分の摂取も摂り過ぎはむくみの原因にもなり兼ねません。

では、妊婦さんにとって安全な便秘解消法というのは、どういったものなのでしょうか。

やはり、食生活の改善がもっとも有効だと言えます。食物繊維が多く入っているものを食べたり、オリゴ糖や乳酸菌と言った腸内で働く成分を録るように心掛け、インスタント食品やお菓子類は控えめにするのがよいでしょう。

妊娠中に市販の便秘薬を避けたほうが良い理由

benpininpu3
市販の便秘薬に含まれる成分には、腸を刺激して排出を促すものが多くあります。

強制的に腸を痙攣させるため、腸と密接な位置にある子宮もその影響を受けて、早産や切迫流産を引き起こしてしまう可能性があります。

市販の便秘薬を手にとって注意書きをよく読んでみて下さい。

「妊娠中の方は医師もしくは薬剤師に相談の上使用をして下さい」と書かれているものが殆どだと思います。

また、医師の中には市販されている便秘薬は一切使ってはいけないという人もいらっしゃいます。

ひどい便秘はとても辛いものですが、これらのリスクがあると考えた時、やはり市販の便秘薬は気軽に飲むべきではないと思われます。

妊娠中の便秘解消法のまとめ

便秘になる原因には、ストレスもあると言われています。

排便がないとイライラしたり精神的に落ち込んだりしてしまいますが、そのような時はストレス発散も兼ねて近所を散歩したり、あまり便秘に捉われすぎないように気分転換をするのも大切です。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする