妊娠初期に葉酸を摂取したほうがいい本当の理由と注意点は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

妊娠中に葉酸を摂ったほうが良いってホント?

葉酸」、妊娠をきっかけに知る方、妊娠希望で知る方、様々だと思います。

今回、「葉酸」がお母さんの体に、大事な赤ちゃんのために、どのような働きをしているのか、そして摂取時の注意点などまとめています。

目を通して頂けたら、マタニティーライフが少し変わるかもしれません。


Sponsored Link


妊娠中は、葉酸が必要? 葉酸にはどのような働きや効果があるの?

yosan4-2

妊娠中の体は、とてもデリケート。

大事な赤ちゃんを健康に育てたい、お母さんは病気になんて負けたくない!自分がしっかりしなきゃ!と気が張っているものです。

それでも、妊娠中は貧血になってしまったり、体の変化から風邪をひきやすくなってしまったりしてしまうものです。

葉酸に多く含まれるビタミンが、そういった病気を防止してくれるのです。

そして、生まれてくる我が子には健康で居てほしい。

奇形児が生まれる原因と言われている、遺伝子の異常。

葉酸には、DNAの成分「核酸」が作られるときに働き、細胞の再生をしています。

細胞の再生が活発な粘膜というのは、お腹にいる赤ちゃんに、欠かすことのできない栄養素になっているのです。

細胞分裂が活発に行われているということは重要なんです。

葉酸は女性の味方!なぜ女性に必要な栄養素なの?

ママに知ってほしい葉酸と赤ちゃんの発育との関係

yosan4-3

赤ちゃんは、この世に生まれてから成長するのではありません。

お母さんのお腹の中から成長は始まっていて、神経が出来あがるのは妊娠して3ヵ月なんです。

この神経が出来上がるまでの間に、しっかり栄養が必要になるということは、やはり妊娠初期、(もちろん理想は妊娠有無に関係なく常にというのが一番ですけど)それでも自分に出来ること・・・と考えると赤ちゃんが成長するための栄養をしっかり作ることですよね。

そしてここでも遺伝子のお話。

葉酸は、ほうれん草の葉の中から発見されたビタミンですが、タンパク質や遺伝子であるDNA・RNAの合成に関与していることから、赤ちゃんの発育に欠かせない栄養なんです。


Sponsored Link


妊娠中に必要な葉酸の役割って何?摂取しても大丈夫なの?

妊娠中に葉酸を摂取る際の注意点は何?

yosan4-4

葉酸の必要性が分かったところで、摂取方法についての注意点を伝えておきます。

摂取量は、1日当たり1mgを越えないこと。

ビタミンB12欠乏の診断の妨げになってしまいます。

また、葉酸の過剰摂取が原因で、赤ちゃんのぜんそくになるのリスクが大きくなる。

葉酸の吸収になりうる飲酒は避けましょう。

≪摂取上の注意≫

葉酸は熱に弱いので、加熱すると失われやすい。

妊娠中に葉酸が必要な理由!摂取量はどれぐらいがベストなの?

まとめ

「葉酸」について調べてみましたが、いかがでしたか?

葉酸が持つ栄養と、力。そして葉酸が不足すると起こりうる病気や障害。

今、お腹にある大切な命と母体の健康のためには葉酸の摂取についてもう一度確認した方がいいのかもしれません。

葉酸の摂取量や、摂取法をしっかり守って、大事な赤ちゃんを、大事な母体を守りながマタニティーライフを過ごしましょう。

幸せな生活が送れます様に・・・。

葉酸の関連記事

葉酸は女性の味方!なぜ女性に必要な栄養素なの?

葉酸サプリは、実際のところ妊婦に効果はあるの?

妊娠中に必要な葉酸の役割って何?摂取しても大丈夫なの?

葉酸には副作用はないの?摂りすぎは赤ちゃんに影響あるの?

葉酸の効果を高める成分や食品は何?一覧はコチラ

葉酸との食べ合わせNGはコレ!一緒に摂ってはいけない食品

葉酸の効果!特に妊娠中の女性に知ってほしい事とは?

妊娠初期に葉酸を摂取したほうがいい本当の理由と注意点は?

葉酸の多い食品や野菜・果物のまとめ!

葉酸はいつからいつまで摂取すると効果的なの?

妊娠中に葉酸が必要な理由!摂取量はどれぐらいがベストなの?


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする