ナッツダイエットで美しく痩せる正しいやり方と効果!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ナッツダイエットを成功させるコツと食べる量は?

ダイエットを始めるとしたら、まず最初に思い浮かぶのが糖質・脂質・油分などのカロリーの高い物をなるべく食べないという方法ではないでしょうか。

確かに、糖質・脂質・油分を少なくし摂取カロリーを減らすことで、体重を落とすことは可能です。

しかし、糖質や脂質、油分を全く摂らない食生活というのも、それは弊害を起こす原因となってしまいます。

なぜならそれらは、人が生きていく上で大切な栄養素であるからです。

中でも敬遠されがちな油分は、天ぷらや揚げ物料理が出た時は衣を外して食べるなど徹底的に除外する方もいらっしゃるようですが、一方で最近はナッツを食べてダイエットを行う「ナッツダイエット」が流行の兆しを見せています。

ナッツは油分の多い食材として知られていますが、ではなぜ油分の多いナッツを食べてダイエットが可能なのでしょうか。

そこで今回は、まだまだ謎の多い「ナッツダイエット」について調べてみました。


Sponsored Link


ナッツダイエットとは?

nutsd2
ナッツとは種実類のことで食用の種子や果実の総称を指します。

しかし、種実類の中でも一般的には木の実をナッツと呼ぶことが多いようです。

ナッツダイエットとは、このナッツを用いて行うダイエット方法です。

ナッツダイエットで使われる主なナッツは、アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオ、くるみ、ピーナッツなどで、これを間食や食事前、食事に摂り入れます。

朝・昼・晩のどれか一食をナッツのみ食べる置き換え法を行う方もいらっしゃいますが、それよりも上記のように間食にナッツを食べる、食事の前にナッツを食べる、食事の食材にナッツを使う、のような方法がナッツの持つ利点を生かせると思います。

アーモンドの凄い効果【ダイエットとアンチエイジング】

ナッツがダイエットに効果的な理由

アーモンドやピーナッツは美味しいけれど、油分が気になって食べるのを控えているという方は多いと思います。

ではなぜ、ナッツがダイエットに効果があると言われるようになったのでしょう。

その理由には、以下の3つが考えられています。

ナッツ類には不飽和脂肪酸が多く含まれており、この不飽和脂肪酸の働きによって脂肪がつきにくく太りにくい体質になるから。

ナッツには食物繊維が豊富なため、便秘解消に役立つから。

③木の実なのでよく噛んで食べるようになり、満腹を感じやすくなるから。

ナッツの栄養とカロリーは?

nutsd3
高カロリーであるため、ダイエットをしている女性からは避けられていたナッツ。

しかし最近は、その油分を考慮してもナッツに含まれる成分がダイエットに有効、という考えに代わりつつあります。

また、そもそもナッツに含まれる油分は、不飽和脂肪酸と言って体のよい成分と言われています。

具体的に挙げるとオリーブオイルに含まれるオレイン酸や、青魚に含まれるDHA不飽和脂肪酸であり、これらはナッツにも含まれています。


Sponsored Link


不法脂肪酸は悪玉コレステロールを減らし、生活習慣病を防ぐ働きがあります。

さらに、ナッツには食物繊維やビタミンE、カリウム、不飽和脂肪酸の一種であるα-リノレン酸など、ナッツの種類によって様々な栄養素が含まれています。

そして肝心のカロリーですが、100gあたりアーモンドなら600kcal、くるみは604kcal、ピスタチオは601kcal、カシューナッツは575lcalとなっています。

かなり高カロリーであることは間違いなさそうです。

ナッツダイエットの正しいやり方や効果的な食べ方を教えて!

nutsd4
ナッツダイエットは、食事とナッツをチェンジする置き換え方法として利用するのは望ましくありません。

栄養が偏るだけではなく、やはりカロリーが高い食材であるためたくさん食べすぎてしまうことはよくありません。

ナッツダイエットの正しい方法は、間食にナッツを食べる、というもの。

間食でナッツを食べる利点は、お菓子を食べるよりずっと栄養価が高く、またよく噛むことで満腹感が得られやすく少量で満足しやすいからです。

勿論、ダイエット中は間食をしないことが一番の方法ですが、実際にはなかなか難しいことです。

このようなことから、間食をするならば栄養が豊富で腹持ちのよいナッツを食べるのがよいとされています。

ナッツはいつ食べるとダイエットに効果的なの?摂取量は?

nutsd5
ナッツダイエットでは、間食の他に、食事前や食事にナッツを食べる、という方法も用いられます。

間食でナッツを食べる利点については上記で記した通りですが、食事前や食事でナッツを食べることで得られるメリットは、よく噛んで食べるため満腹になりやすいことが挙げられます。

また、間食にナッツを食べる場合、適正と思われる量は10~20粒程度。

食事前にナッツを食べる場合には2~3粒程度にしておきます。

一日で摂るナッツの量の目安は片手で握って軽く一杯程度がよいでしょう。

アーモンドで換算すると20~30粒です。

これを目安にこの他のナッツも合わせて、摂りすぎないようにすることが大切です。

どのようなナッツがおすすめなの?ナッツなら何でもダイエットにいいの?

nutsd6
ダイエットに大敵な便秘を解消するなら、食物繊維が豊富なアーモンドやくるみがお勧めです。

また、アーモンドには他のナッツ類よりもビタミンEが多いので、ダイエットに付き物の肌荒れを防ぐ効果も期待できますし、くるみに多いα-リノレン酸は腸内環境を整えてくれます。

さらに、ピスタチオにはカリウムが多く含まれているのでむくみの改善に役立ちます。

これとは逆に、ピーナッツやマカダミアナッツには飽和脂肪酸が多いため、摂り過ぎには要注意です。

ナッツダイエットのまとめ

ナッツダイエットは、ナッツだけを食べて痩せるというよりは、運動や適度な食事制限をしながらダイエットで陥りがちな栄養不足を補い、効率よく痩せるための手助けをしてくれると考えた方がよいかも知れません。

また、ナッツダイエットを行う時に使用するナッツ類は塩や油を使っていない物を選ぶようにしましょう。

塩分や余分な油分はダイエットの天敵です。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする