ドライフルーツダイエットは美容と健康に最適!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 16

ドライフルーツのダイエット効果は?

ドライフルーツの効果は食物繊維にアリ!

その効果を知るには、成分を知ることが必要です。

ドライフルーツには、様々な成分が入っていますが(あとで詳しい成分は紹介します)注目すべきは2種類の食物繊維が豊富に入っていることです。

一つは水溶性の食物繊維。
消化に時間のかかる栄養素で、エネルギーの吸収も遅れます。お腹に留まっている時間が長く、空腹を感じる時間が少ないという特徴をもちます。

もう一つは不溶性食物繊維。
咀嚼回数が必要になる食物です。よく噛むことで満腹中枢が刺激され、過度の食事を防止する効果があります。水分を多く吸収する性質を持ち、消化器官内で大きく膨張して便の排出を促してくれます。


Sponsored Link


ドライフルーツダイエットのやり方や方法は?

dryfd2
食事前と朝食に食べる
ドライフルーツダイエットは基本的に栄養価が非常に高いので朝食として食べます。また昼食と夕食の前に食べ、食べる量を抑えることを目的に行います。

食べる量について
食べすぎには気を付けなければいけません。小さいプルーンなら10個~15個を目安に!

継続期間
即効性をもとめるのではなく、継続期間は少なくても1ヶ月、理想は3ヶ月は続けてほしいです。着実に健康的に痩せていくことを目標にしましょう。

ドライフルーツの栄養は?

dryfd4
そして、ドライフルーツの栄養について詳しく紹介します。まずは先ほど、効果の方で紹介した・・・

食物繊維
水に溶ける「水溶性タイプ」、水に溶けない「不溶性タイプ」。働きの違う2種類の食物繊維がバランスよく含まれています。

ミネラル
カリウム、鉄、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、銅、リン。ミネラル類を補給するには、ドライフルーツは効率的な食品です。

抗酸化物質
抗酸化物質は、特にドライフルーツの色素の部分に多く含まれています。色素には植物が紫外線や病気から自分の身を守るための物質が含まれています。

生のフルーツとドライフルーツは何が違うの?

dryfd1
生のフルーツには

  • ビタミン
  • ミネラル
  • 酵素
  • 食物繊維

が豊富に含まれています。ビタミンCたっぷりで、乾燥させたドライフルーツとは比較にならないほどです。

また、水分が多いフルーツは老廃物排出効果にも役立ち、デトックス効果も期待できます。

しかし、水分の多さは、摂取法を誤ると・・・体を冷やしてしまうという相反面を持っていて、冷えればダイエットには逆効果になります。

ドライフルーツなら冷えにつながる余分な水分がありません。収縮して硬い食べ物は噛む回数も増え、体を温める効果もアップします。それから、乾燥させたらといって成分が壊れる心配もなく、食物繊維、ビタミン、ミネラルも保たれています。

少量でも満足感が得やすいという特徴も魅力の一つです。

しかし!このドライフルーツも・・・製造過程で砂糖がまぶされたり、油分が多く含まれるものもあるので、食べ過ぎは禁物です。

ビタミンを取りたいときには生のフルーツが良いの?

dryfd6
つまり!

免疫力を高めたい = ビタミンCの多い採れたての生のフルーツ

冷え症が気になる = 水分の少ないドライフルーツ

フルーツによって違うドライフルーツの効果

では、最後になりますが、さまざまなドライフルーツが溢れています。その中でも、あなたに必要なフルーツ成分を含んでいるのはどれでしょう?


Sponsored Link


ドライプルーンの効果

dryfd7
プルーン成分は、ビタミンA、ビタミンB6、ナイヤシン、カリウム、カルシウム、鉄分 水溶性食物繊維、ペクチン。中でも、血行促進効果が期待できるナイヤシン。むくみ解消、塩分排出頭痛改善、便秘予防に効果を発揮するカリウムに注目したいですね。また水溶性食物繊維とペクチンの働きが、整腸作用となり便秘の予防になります。

ドライブルーベリーの効果

dryfd8
ブルーベリーにはビタミンだけでもA、C、Eが含まれています!さらに亜鉛、ミネラル、食物繊維も豊富に含まれ、たくさんの栄養素を摂取することができます。

ドライいちじくの効果

dryfd9
ドライいちじくの食物繊維は水溶性食物繊維。水溶性食物繊維は血液中の糖質や脂質をくるみ込んで体外に排出する作用があります。

ドライアプリコットの効果

dryfd10
ドライアプリコットの一番の魅力は食物繊維の量が多いことです。整腸作用のある水溶性食物繊維、腸内環境を整えてくれること腸内細菌の悪玉菌を抑制、腸内環境を整えてくれます。

ドライレーズンの効果

dryfd11
レーズンはカリウムが豊富に含まれます。カリウム効能として、むくみの解消や筋肉を正常に保つ働きもあります。他にもカルシウム・マグネシウム・鉄分・植物繊維・ビタミンB群を多く含み、ポリフェノールも多く摂取できます。

ドライマンゴーの効果

dryfd12
ドライマンゴーは食物繊維も豊富なので、お腹の中で膨らみ、食べ過ぎ防止効果に期待できます。ドライマンゴーをよく噛むことにより満腹感を得られるので、しっかり噛んで食べましょう。

ドライキウイの効果

dryfd13
キウイにはタンパク質の分解酵素、アクチニジンが含まれています。腸内をきれいに整える作用があり、腸の機能低下予防にも効果があります。そして身体者を良くしてくれるという嬉しい効果も付いてきますよ。

バナナチップスの効果

dryfd14
バナナに不溶性・水溶性2種類の食物繊維が含まれます。また、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンも含んでいます。筋肉運動をスムーズにしてくれたり、血流の調整や精神の安定にする作用があります。

ドライフルーツダイエットのまとめ

ドライフルーツ効果をまとめましたがいかがでしたか?

今回は、ドライフルーツと生のフルーツの違いについても触れました。

もちろん、どちらも体にいい成分をたくさん含みます。

特徴を知ることで、自分に今なにが必要かが分かってくるのではないでしょうか?

ドライフルーツも種類が豊富です。

好きなものでも良し!効果に期待しながら選ぶも良し!

健康にダイエットしていくためにドライフルーツ、取り入れてみてはいかがでしょうか?


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする