R-1乳酸菌ヨーグルトの効果と特徴!インフルエンザの対策に評判

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

人気のR-1乳酸菌ヨーグルトの効果とインフルエンザ予防!

R-1乳酸菌が風邪予防になる」ということはなんとなく浸透していることだと思います。

風邪予防のためにヨーグルト食べているから大丈夫!

風邪予防のためならヨーグルトがいいよ!なんて会話あると思います。

そこで注目したいのが「R-1乳酸菌ヨーグルト」。

風邪予防、とは言いますが、インフルエンザ予防にも繋がるのです。

今回はこの、R-1乳酸菌についてまとめています。


Sponsored Link


R-1乳酸菌って何?どんなヨーグルトなの?

nyusankin1-2

近年インフルエンザ流行の季節に、インフルエンザ予防効果があるR-1乳酸菌がメディアで、紹介されました。

その途端、R-1乳酸菌が配合されたヨーグルトが売れ店頭からなくなってしまいました。

そこで気になるR-1乳酸菌って?

R-1乳酸菌の正式名称「1073R-1乳酸菌」

ブルガリア菌という乳酸菌の一つです。

「OLL」の前に「ラクトバチルス・ブルガリクス」という名前がつくのですが、とにかくそのように長い名前では呼びにくいということで、R-1乳酸菌と一般的には呼ばれています。

R-1乳酸菌はヨーグルトを製造する過程でよく用いられるもので、乳酸菌の中でも人間にとって一番身近なものの一つです。

乳酸菌の種類とその効果

乳酸菌が多い食品や乳酸菌飲料や発酵食品はどんなものがあるの?

R-1乳酸菌ヨーグルトの効果

nyusankin1-3

でも、どんな効果があるの?

先に伝えることは、

「R-1乳酸菌は非常な特殊な能力を持った乳酸菌です」

ということです。

免疫力を高める

R-1乳酸菌は、免疫力を高める効果が強く、インフルエンザなどのウイルス予防になると大きく報道されたのが、きっかけで先に記したように売り切れ続出になったのです。

このR-1乳酸菌の免疫力を高める効果、免疫機能活性化を行うEPSという多糖体をたくさん作る力があるのです。

多糖体・・・体内の免疫機能への重要な役割を持つナチュラルキラー細胞。

このナチュラルキラー細胞を活性化させるという力を持っているのがR-1乳酸菌。

そしてこの多糖体が含まれている食品は他に、きのこ類や野菜、海藻類です。

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性化

“ナチュラルキラー細胞”と呼ばれている細胞をご存知でしょうか。

ナチュラルキラー細胞を増やしてくれる力をR-1乳酸菌はもっているのですが、これは免疫機能を高めるために欠かせない存在です。

悪い細胞を体からなくしてくれますし、良い細胞だけを体の中に維持し続けることができるでしょう。

R-1乳酸菌はがん細胞もやっつけてくれることで注目もされています。

日本人の死因トップ3の中にも含まれている「がん」。

がんのもととなる細胞をカットしてくれるR-1乳酸菌はとても優秀ですね。

腸内環境が整えられる

乳酸菌の代表的な効果ともいえる、腸内環境を整えてくれる力。

R-1乳酸菌にも腸内環境を整えてくれる作用をもっており、便秘の原因となる老廃物や毒素を体外に排出してくれます。

腸内環境が良くなけば次第に免疫機能も向上し、健康的な体質に改善することができるでしょう。

なかなか便が出ない…という人は腸内に悪玉菌がうようよしています。

R-1乳酸菌を摂取し、腸内環境をキレイにしてみてはいかがでしょうか。

インフルエンザの予防にR-1乳酸菌がいいって本当?実際にどのような結果があるの?

nyusankin1-4


Sponsored Link


多糖体が含まれている食品は他に、きのこ類や野菜、海藻類。

R-1乳酸菌の効果を示すために、注目したいのがこの「きのこ」です。

以前、このきのこ類にはがん細胞をやっつける機能があると、話題になりました。

そしてこのきのこ類に含まれている「ナチュラルキラー」が、がん細胞をやっつける働きをしているのです。

つまり、乳酸菌R-1を体内に摂取すると・・・

ナチュラルキラー細胞がどんどんどんどん活性化されていきます。

そして悪い細胞を攻撃、除去してくれる効果があるということなのです。

ここまででは、ガン細胞、そして悪い細胞に攻撃。

と、あまりざっくり過ぎて、インフルエンザとの関連に信憑性がありませんが、ナチュラルキラー細胞を持つR-1乳酸菌は、体内の抗原が分かっていなくても(つまり、これはガン細胞だ!やっつけなきゃ!という反応がないということ)なんらかのウイルスに感染している部分を見つけ出し、攻撃する!という働きがあるのです。

このナチュラルキラー細胞の活性が悪い人(これはつまりR-1乳酸菌の摂取が少くない人、ということです)の場合、R-1乳酸菌摂取で、活性力が強まったという結果も出ています。

もちろんメディアの報道、「インフルエンザ予防効果があるR-1乳酸菌」。

R-1乳酸菌商品を給食時に摂取した幼児、児童、学生がインフルエンザ感染率が全国平均よりも低かったという結果も実際に出ています。

明治ヨーグルト R―1

同社が保有する約4000種類の乳酸菌の中から選び抜かれた「1073R―1」を配合。

これが風邪の発症をしにくくする効果が見込めると人間での試験で確認されている。またマウスを使った試験ではインフルエンザの感染予防効果が見込めた。

「R-1乳酸菌」を採れば絶対にインフルエンザにかからない、というわけではなさそうですが、健康にいいことは間違いなし。

R-1ヨーグルトがここまで有名になったきっかけは、テレビで「インフルエンザに効果のあるヨーグルト」として紹介されたことがきっかけです。

この根拠になるのは、とある小中学生を対象にした実験です。

2010年の9月から約半年ほど、佐賀県有田町の小中学生を対象にインフルエンザ対策の実験をおこないました。

それは、R-1ヨーグルトを毎日食べてもらうだけ、という簡単な実験です。

この実験が終わり、効果を検証してみたところ、近隣の3つの町の小中学生と比較して、インフルエンザに感染した学生の割合が激減。

近隣の町でのインフルエンザ感染率は、それぞれ9.74%、10.48%、4.37%だったのに対し、R-1ヨーグルトを食べ続けた有田町の感染率は、0.64%と圧倒的な結果だったのです。

この実験の結果について、伊万里有田共立病院の院長も「この実験の結果は非常によかった。呼吸器に対し、乳酸菌が有効に働くことが分かった」とコメントしていますね。

子供のインフルエンザの症状や潜伏期間は?熱がある時の対処法

インフルエンザA型・B型・C型の違いは?

インフルエンザ脳症の原因や症状と予防

インフルエンザの頭痛がひどい時の症状や対処の仕方

インフルエンザに加湿器は効果的か?メリットやデメリット!

R-1乳酸菌ヨーグルトのまとめ

乳酸菌R-1に含まれる、体内の抗原が分かっていなくても、なんらかのウイルスに感染している部分を見つけ出し、攻撃する「ナチュラルキラー細胞」の摂取。

これがインフルエンザ予防に繋がるのです。

健康のために積極的に摂取していきたいものです。

乳酸菌の関連記事

腸内環境に良い善玉菌はどのような効果があるの?

乳酸菌とビフィズス菌の違いやそれぞれの働きは?

乳酸菌が多い食品や乳酸菌飲料や発酵食品はどんなものがあるの?

乳酸菌の効果と効能のまとめ!乳酸菌の知られざるパワー

乳酸菌の種類とその効果【動物性乳酸菌・植物性乳酸菌】

R-1乳酸菌ヨーグルトの効果と特徴!インフルエンザの対策に評判


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする