レスベラトロールの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
res1

レスベラトロールの効果や効能

レスベラトロールという成分をご存知ですか?

レスベラトロールとはブドウ、そしてあまり耳慣れないサンタベリーなどに含まれるポリフェノールの一種です。

ポリフェノールと聞くと少し身近に感じますよね?

ポリフェノール、一つの総称でその中には様々な成分があります。

その一つが今回の、「レスベラトロール」。

レスベラトロールがどんな効果を持っているのか?

どのように摂取したらいいのか?調べてみましょう。


Sponsored Link


レスベラトロールって何?

res2

初めに伝えてように、ブドウやサンタベリーに含まれるポリフェノールの一種です。

レスベラトロールは、その中でも化学構成の違いによって「トランス型」、そして「シス型」の2種類の存在があります。

【トランス型】
新鮮な原材料から摂れる安定した分子構成。

【シス型】
太陽光や熱、酸化によって不安定な状態の分子構成。

※トランス型のレスベラトロール太陽光などが原因でシス型に変化することもあります。

ポリフェノールの効果効能と種類のまとめ!食品は何があるの?

レスベラトロールの効果・効能について

res3

レスベラトロールが最も効果を発揮するのは「美容効果」です。

美肌という言葉でまとめますが、あなたにとってどのような状態が美しい肌でしょうか?

潤い・ハリの維持

美しい肌、それはその肌の表面の潤いやハリが大事です。レスベラトロールは、肌の組織、水分保持、そして柔軟性の保つために大事なヒアルロン酸をしっかり守ってくれます。

ヒアルロン酸の敵、ヒアルロニダーゼという酵素があります。

このヒアルロニダーゼ、ヒアルロン酸分解の原因を作りますが、レスベラトロールはヒアルロニダーゼの活性を抑制。ヒアルロン酸をしっかり守り、潤い・ハリの維持。

ヒアルロン酸の効果・効能や副作用の心配はないの?

肌の弾力の維持

潤い・ハリの維持とくると次は「弾力性」を求めるでしょう。

肌の弾力は、肌の真皮に存在するコラーゲンとエラスチン、2つのたんぱく質の働きで保たれます。

しかし肌に紫外線があたることで肌の炎症が起き、炎症パワーでコラゲナーゼ、エラスターゼという酵素が活性化します。

コラーゲンとエラスチンの敵です。コラゲナーゼ、エラスターゼは肌の弾力を保つコラーゲンとエラスチンを分解し始めます。

ここでも、レスベラトロールは正義の味方。

コラゲナーゼ、エラスターゼの活性を抑制、コラーゲンとエラスチンを守り、肌の弾力維持。

コラーゲンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

美白効果

柔軟性の保つヒアルロン酸、弾力を保つコラーゲンとエラスチンをしっかり守り、あなたの肌を白く透き通った肌に変えてくれるのもレスベラトロール。

しかし、ここで考えたいのが、確かに「美白美白」と美白効果を求めることは多いですが、まずは肌をしっかり健康に戻すことが「透き通った白い肌」に繋がるのかな?と考えました。

白い肌、でも弾力やハリが無ければ「顔色が悪いよ・・・」という見方に変わりそうな気がします。

美白に近づくためには表面からではなく中の地盤から整えることなんでしょうね。

少し、話がそれましたが、美白効果ですね。この美白効果は肌のくすみやシミの原因、チロシナーゼという酵素によって作られるメラニンです。

レスベラトロールは、またここでもこのチロシナーゼの活性抑制してくれます。

また、肌のくすみやシミの原因、メラニンの生成を抑える効果が研究でも検証されています。

ニキビ予防効果

ニキビの発症原因はアクネ菌。

アクネ菌の増殖でニキビが姿を現します。

そしてこのアクネ菌、肌表面の皮脂を栄養とします(図々しいですね)栄養をしっかり摂りながら、さらに増殖・・・でも、大丈夫!レスベラトロールはアクネ菌を抑制ではなく今回は菌なので、抗菌作用を発揮してくれます。

抗炎症作用との相乗効果でニキビの発症と悪化を抑えることが期待されています。

ニキビに効く食べ物【肌荒れ改善・美肌効果】

背中ニキビの原因やケアの仕方と治し方!

老化防止

レスベラトロールには、長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化させる働きがあるといわれています。

長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化するには、食事のカロリーを抑える方法が良いということは知られており、1989年から20年間をかけた研究によりカロリー制限と長寿の関係は立証されました。

その研究は、人間に近いアカゲザルで行われました。

普通のエサを与えたサルと、ビタミンやミネラルなどの栄養素を保ちながら、摂取するカロリーを30%減らしたアカゲザルとで見た目や血液検査などを比較しました。

人間の年齢で例えると70歳のアカゲザルですが、カロリー制限を行ったアカゲザルは、皮膚や毛並みに色つやがあり、白髪やしわも少なく非常に若々しく見えました。

また、若返りホルモンの値が高く、脳が活性化されていること、そして細胞レベルにおいても活性酸素による損傷が少ないことが明らかとなり、カロリー制限とサーチュイン遺伝子活性化の関係性が立証されたのです。

活性酸素の原因は?除去の方法や対策はどうすればいいの?

レスベラトロールってどういう食べ物に多く含まれているの?

res4

レスベラトロールを多く含む食品は紹介してきた、ブドウとサンタベリー。

では、サンタベリーって?

北欧・ラップランドの森に自生する真っ赤な果実です。

多く含む食品、代表的な食品はこの2つしか挙げることが出来ませんが、ブドウが原料の赤ワイン、他にもレスベラトロールはピーナッツの皮やアーモンド、ココアなどにも含まれています。

ぶどうポリフェノールの効能効果!含有量はどれくらいあるの?

ぶどうの効果・効能やカロリーと成分!

レスベラトロール・サプリメントの選び方や基準

res5

あまり、多くの食品に含まれていなそうだからサプリで摂取しようかな?という方。

サプリメント購入前に注意が必要です。

多く出回っているサプリは原料がイタドリ由来のものです。

イタドリ由来のレスベラトロールは安く、購入しやすいのですが、日本ではイタドリ抽出物が「医薬品」として使用される成分リストに掲載されています。

つまり安価で購入しやすいのですが、イタドリ抽出のサプリの使用は禁止されます。

レスベラトロールの摂り方や摂取量は?

res6

レスベラトロール摂取は、ブドウや、手に入りにくそうなサンタベリー。

食べれるの?と疑問が湧くピーナッツの皮や好き嫌いが分かれそうなアーモンド。

ココアはなんとか摂取できるのかな?

あまり、摂取量を心配するほど大量に摂取しそうにない食品が少ないですが。

気にするものといえば一つ挙げられてる「アルコール飲料」、赤ワインですね。

適量、1日にグラス2~3杯のワイン摂取はレスベラトロールの効果を発揮しますが、飲みすぎは禁物です。

ワインポリフェノールの効果効能!含有量はどれぐらいあるの?

レスベラトロールの副作用について

res7

前にも記しましたが、レスベラトロールは摂取量を心配するほどでもないようです。

食品に自然に含まれている分を摂取するのであれば、副作用などの心配はありません。

ただ、サプリメントとしてレスベラトロールを濃縮して添加してあるものなどを利用する場合には、気をつけなければならない点があります。まず、レスベラトロールには女性ホルモンであるエストロゲン様作用があると言われていますので、ホルモン感受性疾患のある人はサプリメントの摂取に注意が必要です。

レスベラトロールのまとめ

レスベラトロールについて少し知識が身に付きましたか?

このように何かの成分を調べることで、また違った何かに気付くこと、今回はレスベラトロールの効果を調べていくと、「美肌」の意味が分かることから少しずつ知識が身に付き、さらに習得しようという気持ちが湧くのかもしれません。

なんでも口から摂取し、体内でどのような働きをしてくれるのか?というのはもっていて損のない知識ですからね。

参考文献
  • 植物栄養素DBフィトス 監修 最新医療が明かす長寿遺伝子活性成分 レスベラトロールの秘密 株式会社カンゼン
  • Lassaletta AD, Chu LM, Elmadhun NY, Burgess TA, Feng J, Robich MP, Sellke FW. 2012 “Cardioprotective effects of red wine and vodka in a model of endothelial dysfunction.” J Sung Res. 2012 Jun 21.
  • Wu L, Zhang Y, Ma X, Zhang N, Qin G. 2012 “The effect of resveratrol on FoxO1 expression in kidneys of diabetic nephropathy rats.” Mol Biol Rep. 2012 Jun 26.

成分の効果・効能

リンゴ酢の効能・効果や美味しい飲み方と作り方!ダイエットに最適!

緑茶の効果・効能と美味しい淹れ方!妊婦は大丈夫?

酵素玄米の効果とダイエットのやり方や美味しい炊き方!

モリンガの効果・効能や成分と副作用の心配はないの?

ブロッコリースプラウトの効能・効果が凄い!ダイエットにも最適?

麻の実の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ザクロの効果・効能と食べ方や副作用の心配はないの?

カムカムの効果・効能と栄養や副作用の心配はないの?

カカオの効果・効能【ダイエットとカロリーや副作用】

マキベリーの効果・効能やサプリの選び方と副作用は?

ビーポーレンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クコの実(ゴジベリー)の効果・効能【栄養と摂取量や副作用】

たんぽぽ茶の効能・効果や作り方と口コミ!不妊や妊婦におすすめ!

ケールの効果・効能と栄養や副作用の心配はないの?


Sponsored Link


豆乳の効果・効能と栄養やカロリー!副作用の心配はないの?

たんぽぽコーヒーの効能・効果や作り方と口コミ

アセロラの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

明日葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イノシトールの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オリゴ糖の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オオバコの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ノコギリヤシの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ローズヒップオイルの効能・効果と口コミや作り方!

オリーブオイルの効能・効果やカロリーとダイエット方法!

葛根湯おすすめ3選と飲み方や効果・効能と副作用!授乳時は大丈夫?

小青竜湯おすすめ3選と飲み方や効能と副作用

麦門冬湯おすすめ3選と飲み方や効能・効果と副作用!妊婦は大丈夫?

麻黄湯おすすめ3選と効能・効果や飲み方と副作用!妊婦は大丈夫?

ホホバオイルの効能・効果と使い方【髪・ニキビ・アトピー・育毛】

グレープシードオイルの効能・効果やカロリーと成分!

ローヤルゼリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

えごま油の効能・効果や摂取量と成分や副作用の心配はないの?

ごま油の効能・効果やカロリーとレシピ!うがいにもいいって本当?

亜麻仁油の効能・効果や摂取量や副作用の心配はないの?

アルガンオイルの効能・効果や口コミと使い方【髪・アトピー・ニキビ】

ビルベリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ブルーベリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

プロポリスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アントシアニンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ルイボスティーの効能・効果や飲み方や副作用の心配はないの?

ミドリムシ(ユーグレナ)の効果や効能と栄養や口コミは?

はちみつ大根の驚くべき効果や効能とレシピや飲み方!

はちみつレモンの作り方と効果・効能や保存の仕方!

水素水の効果や効能と選び方のコツ!作り方も教えて!

キヌアの効能や栄養とカロリー!ダイエットできるの?

アサイーの効果や効能と栄養!本当にダイエットできるの?

チアシードダイエットに効果がある食べ方とレシピや栄養

レモン水の作り方と効果・効能【便秘解消やダイエット】

小麦若葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

コリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ゴマリグナンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クリルオイルの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オキシカインの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オオヒレアザミの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オオアザミの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

エフェドリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

エキナセアの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

MSMの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

梅エキスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

インド人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イワベンケイの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イエルバマテの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アンデス人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

赤ワインエキスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

トンカットアリの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アロエの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アラビノキシランの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

αリポ酸の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

夏白菊(フィーバーフュー)の効果・効能や副作用の心配はないの?

ニガウリ(苦瓜)の効果・効能や副作用の心配はないの?

ニコエンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ナットウキナーゼの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

トコトリエノールの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ヒアルロン酸の効果・効能や副作用の心配はないの?

バレリアンの副作用と効能や効果!不眠症は改善できるの?

バレニンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

バナバ茶の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アンセリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

田七人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

テアニンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

チロソールの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

チャーガの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

チェストツリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

月見草オイルの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

セラミドの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

セイヨウシロヤナギの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

セイヨウカノコソウの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

しその実油の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

スピルリナの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シャンピニオンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シトルリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

サジーの効能・効果や摂取量や副作用の心配はないの?

エゾウコギの効能・効果や摂取量や副作用の心配はないの?

高麗人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

桑の葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シナモンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

コラーゲンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ケフィアの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

大麦若葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クロレラの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クレアチンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クランベリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アガリクスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

発芽玄米の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

冬虫夏草の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

甜茶の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ノニの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

肝油の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

グアガムの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

キャッツクローの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ギムネマの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ガルシニアの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

キトサンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

カルニチンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オリーブの葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

エフェドラの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イチョウの葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする