ライスミルクの効果と作り方!ダイエットにも最適って本当?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ライスミルクの栄養と作り方やレシピ!ダイエットのやり方も!

牛乳、豆乳に次ぐ第3のミルクとして、今、流行の兆しを見せているライスミルク

しかし、〝ライス=お米〟は私達日本人にとって、とても馴染みのある食材ではあるものの、ライスミルクを知っている、飲んでいるという方はまだまだ少ないのが現状です。

その一方、欧米ではポピュラーな食材として、主にベジタリアンの方やアレルギーの代替え品として幅広く使用されているもの。

そこで今回は、ライスミルクについて調べてみました。

ライスミルクの栄養や効果・効能は元より、自宅で簡単に作れるレシピも公開していますので、是非一度目を通してみて下さいね。


Sponsored Link


ライスミルクとは?味は?

ricmlk2
「ライスミルク?まさかお米のとぎ汁のこと?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、それは違います。

ライスミルクとは、お米(主に玄米)や植物油、食塩、水を原料として作られる植物性の飲み物のことで、いわば豆乳と同じもの。

ただし、ライスミルクは豆乳とは違い、豆を絞った汁ではなくお米を水分と合わせてそのまま滑らかになるまで擦ったもののため、お米に含まれる栄養が余すところなく含まれます。

気になる味ですが、牛乳や豆乳に比べてややあっさりとしています。

飲み終えると口の中にほんのりとお米の甘味が残り、昔からお米を主食としてきた日本人にとって馴染み深い味わいと言ってよいでしょう。

豆乳の効果・効能と栄養やカロリー!副作用の心配はないの?

ライスミルクの栄養と特徴

ricmlk3
ライスミルクの原料は主に玄米です。

玄米と言えば、昔から健康食として日本で食べられてきた食材なことから、その栄養価の高さはよく知られていますよね。

ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれていることから、〝完全栄養食〟と呼ばれる玄米は、その他にも抗ストレス作用のあるGABAや、コレステロールの除去に有効なγ-オリザノールといった成分が含まれています。

また、ライスミルクは牛乳と比べてカロリーが低く、低脂肪なのも特徴です。

ただし、お米が原料ということで炭水化物は、他の牛乳代替え飲料と比べて多く含まれているため、飲みすぎには注意しましょう。

ライスミルクの効果・効能

ricmlk4
玄米が原料のライスミルクには、一体どのような効果が効能が期待できるのでしょうか。

ここでは特に女性に嬉しいものを集めてみました。

美肌効果

玄米に含まれるγ-オリザノールには、老化を防ぐ抗酸化作用があることから、肌のシワやシミを抑える効果が期待できます。

また、肌の潤いを保つセラミドも含まれているため、ダブルの効果で美肌へと導いてくれます。

ダイエット効果

牛乳よりも低カロリーながら、新陳代謝を活発にするビタミンやミネラルが豊富に含まれるライスミルク。

毎日飲んでも、脂肪の摂り過ぎを気にする必要がありません。

デトックス効果

食物繊維が老廃物の排出を促し、カリウムが体内に余分に溜まった水分を出すため、むくみ改善などの効果が期待できます。

むくみを解消する食べ物や食品は?【顔や足のむくみ】

リラックス効果

私達の体内に存在する天然のアミノ酸の一種であるGABA。

主に脳の神経伝達物質として働いているのですが、GABAにはストレスを抑制し心を落ち着かせる効果があると言われています。

ストレス過多になると、肌の調子が落ちたりダイエットが上手くいかなくなるなど、様々な弊害が起こりますが、GABAを摂ることで気持ちが安定しやすくなると言われています。

GABAの効能・効果!摂取量や副作用の心配はないの?


Sponsored Link


美髪効果

ライスミルクには、白髪や脱毛を防ぐセレニウムが含まれていることから、いつまでも若々しい髪を保つ効果があると言われています。

ライスミルクの作り方

ricmlk5
ライスミルクは、自宅で簡単に手作りすることができます。

用意する材料は次の通りです。

・玄米40g

・水(ミネラルウォーター)1ℓ

・食塩 小さじにほんの少量のみ

・はちみつなどの甘味料(お好みで)大さじ2

・バニラエッセンス、ひまわり油などもお好みで

作り方

1. 水切りした玄米と水、塩をミキサーに入れて撹拌します。

2. 粒がなくなるまでしっかり混ぜましょう。

3. 1~2分回して完成ですが、粒が気になる人は茶こしなどで濾したものを飲んで下さい。

ライスミルクダイエットのやり方

ricmlk6
ライスミルクダイエットとは、牛乳や豆乳の代わりにライスミルクを飲むというダイエット方法です。

飲み物として飲むだけではなく、シチューやシリアルのトッピングなど、様々な料理に活用することで意識することなく摂取カロリーを減らすことができます。

ただし、元々牛乳を好んで飲んでおらず、カロリーの低い飲み物を摂っていた場合は、ライスミルクを摂ることでカロリーが増える可能性もあるので注意しましょう。

酵素玄米の効果とダイエットのやり方や美味しい炊き方!

おすすめのライスミルクのレシピ

ライスミルクはそのまま飲んでもほのかな甘みが美味しい飲み物ですが、牛乳のように料理にも使うことができます。

そこでここでは、ライスミルクを使ったお勧めのレシピをご紹介します。

ライスミルクカルボナーラ

ricmlk8
カロリーが気になるカルボナーラも、低カロリー低脂肪のライスミルクで作れば安心ですよね。

参考URL:http://cookpad.com/recipe/3412389

優しい味ライスミルクあずきバー

ricmlk9
これから暑くなる時期に、ライスミルクで作った自家製のアイスはいかがでしょうか。

茹であずき缶使用で簡単に作れます。

参考URL:http://cookpad.com/recipe/3263490

離乳食にも!ライスミルクのキャベツスープ

ricmlk10
材料をライスミルクでくたくたになるまで煮るだけの、超簡単お手軽レシピ。

参考URL:http://cookpad.com/recipe/3497226

ライスミルクはどこで買えるの?コストコでも売っているの?

ricmlk11
ライスミルクを飲んでみたい!と思っても、今時点ではまだ残念ながら近くのスーパーで手軽に買えるという状況ではありません。

ライスミルクは、主に輸入品を取り扱っているお店で販売されていることが多いようで、スーパーならコストコ、成城石井、コンビニではナチュラルローソンに商品が置いてあるそうです。

ライスミルクの効果と作り方!ダイエットにも最適って本当?のまとめ

ライスミルクは、米粉や上新粉などを使って手軽に作れる方法も紹介されており、単純に「ライスミルクがどういう味が試してみたい」という方にはお勧めです。

しかし、上記のような効果・効能を求めるのであれば、やはり玄米が原料となっているライスミルクを選ぶことが大切です。

白米の場合は、玄米に含まれる栄養が少ないこともあり、思うような効果を得られない可能性もあるため注意して下さいね。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする