リンゴ酢の効能・効果や美味しい飲み方と作り方!ダイエットに最適!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ダイエットにも効果のあるリンゴ酢の作り方と飲み方!

お酢が体によいことは昔からよく知られたことですが、最近はダイエット目的に飲む方が増えています。

しかし、お酢は酸味が強いため、そのまま飲むには飲みづらさを感じる方が多いのも事実。

そこで注目されているのが、リンゴ酢です。

リンゴ酢は、リンゴの果汁を発酵させて作る醸造酢で、リンゴ酸、酢酸、クエン酸、コハク酸、カリウムといった成分を含んでおり、米酢や黒酢に比べて酸味がまろやかで、リンゴのほのかな甘みもあることから、女性を中心に人気となっています。

そこで今回は、リンゴ酢にスポットをあて、リンゴ酢の効能や効果は勿論のこと、ダイエットのための正しい飲み方や自家製リンゴ酢の作り方などをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


リンゴ酢の効果・効能

rngsknt2
お酢が体によいことは知っていても、具体的にどのような効能や効果があるのか知っている方というのは、以外と少ないのではないでしょうか。

ここでは、リンゴ酢の効能や効果をご紹介したいと思います。

疲労回復効果

リンゴ酢に含まれる酢酸やリンゴ酢には、疲労の元となる乳酸の蓄積を抑える働きがあることから、疲労回復効果が期待できます。

高血圧予防・改善効果

リンゴ酢には、体内の余分な水分や塩分を排出する働きを持つカリウムが多く含まれていることから、むくみの解消や高血圧の予防・改善効果があると考えられています。

便秘解消効果

お酢には水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれていることから、便秘解消効果があると言われています。

ちなみに、他のお酢にはペクチンが殆ど含まれておらず、リンゴ酢特有の成分となっています。

美肌効果

お酢には血行を促進する働きがあるため、それにより新陳代謝が活発になり、肌を若々しく保つ効果が期待できます。

また、収れん効果によって毛穴が引き締まるため、キメの細かいスベスベの肌になると言われています。

ダイエット効果

リンゴ酢に含まれる酢酸やアミノ酸には、肝機能の働きを高め、代謝をアップさせる効果があります。

また、ペクチンやカリウムの作用によって体内の老廃物が排出されると、新陳代謝が活性化し脂肪の燃焼が高まるため、ダイエット効果が期待できます。

りんごポリフェノールの効果効能!含有量はどれぐらいあるの?

リンゴ酢の美味しい飲み方

リンゴ酢は、他のお酢と比べてまろやかで飲みやすいと言われていますが、やはりお酢なので原液のまま飲むと、酸味に弱い方は「ツンとする」感じがあるようです。

そこでここでは、リンゴ酢にちょい足しするだけで、酸味を抑えて飲みやすくする方法をご紹介します。

水で割る

rngsknt3
リンゴ酢に、6~8倍の水を加えて飲む方法です。

シンプルですが、水で薄めることで酸味が緩和され、かなり飲みやすくなります。

炭酸で割る

rngsknt4
リンゴ酢に、甘みの入っていない炭酸水を入れて飲む方法です。

炭酸のさわやかさとリンゴ酢の酸味がよく合い、さっぱりと頂けます。

炭酸水の洗顔・美容・ダイエット効果と作り方!

牛乳や豆乳で割る

rngsknt5
できるだけ酸味を消したいという方には、牛乳もしくは豆乳で割る方法がお勧めです。

お酢と牛乳を合わせると、ヨーグルトのような仕上がりになり、酸味が苦手な方でも大変飲みやすくなります。

ジュースで割る

rngsknt6
酸味をできるだけ消したい、けれど牛乳や豆乳が苦手、という方は、好きなジュースに混ぜて飲む方法はいかがでしょうか。


Sponsored Link


リンゴジュースに合うのは勿論ですが、以外とオレンジジュースにも合いますし、野菜ジュースやスムージーに混ぜて飲んでも美味しく頂けます。

紅茶やハーブティーで割る

rngsknt7
毎日欠かさず紅茶やハーブティーを飲む習慣がある方なら、その紅茶にリンゴ酢を混ぜてみるのもよいでしょう。

アップルティーやレモンティーのようなさわやかな味や香りに変化します。

ハチミツを加える

rngsknt8
酸味をやわらげるために、はちみつの甘味を加えるのもお勧めです。

リンゴ酢にそのまま混ぜてもよいですが、上記でご紹介した紅茶や牛乳と一緒に混ぜると、より飲みやすくなります。

リンゴ酢ダイエットのやり方

rngsknt9
リンゴ酢ダイエットは、1日15~30mlのリンゴ酢を摂取するダイエット方法です。

目安量のリンゴ酢を摂取するだけなので、ダイエットとしてはとても簡単ですよね。

なお、水などで割って飲むだけではなく、サラダのドレッシングに利用するなど、料理に加えて摂取しても構いません。

りんご寒天ダイエットの効果と成功する方法やレシピ!

ダイエットには、りんご酢はいつ飲む? 飲むタイミングは? 飲む量は?

rngsknt10
リンゴ酢ダイエットは、飲んだからといってすぐダイエット効果が得られるものではなく、継続して摂取することで痩せやすい体質に変化させることが目的です。

そのため、食事前にリンゴ酢を飲んで食事の量を減らす、といった食欲抑制の効果は期待できません。

むしろ、お酢には食欲を増進させる働きがあることから、食前に飲むのは控えた方がよいでしょう。

リンゴ酢を摂るタイミングとしては、食後がお勧めです。

リンゴ酢は、1日15~30mlを摂取量の目安としているため、1日3回の食事後に飲むと考えたら1回で5~10ml程度の摂取量となります。

また、運動前にリンゴ酢を飲むと、脂肪の分解や燃焼が促進されるため、ダイエット効果が高くなると言われています。

リンゴ酢を飲むときの注意点

rngsknt11
お酢は刺激が強いため、空腹時に飲むと胃を荒す恐れがあります。

リンゴ酢を飲む時は、食前は避け食事中や食後に飲むようにしましょう。

また、リンゴ酢を飲んだ後は口をゆすぐようにして下さい。

お酢は強い酸性の食品ですので、口の中に留まっていると歯を溶かしてしまう可能性があります。

さらに、市販されているリンゴ酢の中には、最初から飲みやすさを考えてはちみつや糖分が添加されているものがあります。

そのようなリンゴ酢は確かに飲みやすいのですが、ダイエットの観点からすると糖分の摂り過ぎとなるためお勧めできません。

家庭でできるリンゴ酢の作り方

rngsknt12
1.リンゴ2~3個を水でよく洗い、水気を拭きとります。

2.リンゴを皮つきのまま8等分にし、芯を取り除き、イチョウ切りにします。

3.保存瓶に半量のリンゴ、グラニュー糖(もしくは黒糖やはちみつなど)200gを入れ、その上からさらに残りのリンゴ、グラニュー糖200gを入れ、最後に500ccの酢を注ぎ入れます。

4.保存瓶を冷暗所に置き、一日一回程度瓶をゆすって中を混ぜ合わせます。

5.1ヶ月経ったらリンゴを取り出し、冷蔵庫で保存します。

リンゴ酢の効能・効果や美味しい飲み方と作り方!ダイエットに最適!のまとめ

自家製のリンゴ酢を作る時、リンゴの種類によって仕上がりの風味や色合いが変化します。

そのため、選ぶリンゴによって、より好みに近いリンゴ酢を作ることができます。


Sponsored Link