シャワー入浴でも体をしっかりと温める5つの方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

シャワーで体を冷やさない入浴法!

体を温めることで得られる効果は、老廃物の排出促進、美肌効果、排尿効果、リラックス効果などさまざまな効果があります。

でも、そのためには、湯船に浸かるしか方法はないと思っていませんか?

確かに、湯船に浸かることは体にいいことです。

でも、そんな時間はない!

そんな方に、それでも少しでも効果を実感して欲しくて、紹介するのが、「シャワーだけで体が温まる」方法を紹介しますので、ぜひ今日から始めてみませんか?


Sponsored Link


シャワー入浴でも体を温めることができる5つの方法!

1.シャワーを浴びながら足をお湯につけておく

satatame2
43度前後のお湯を洗面器に入れ、粗塩をひとつまみ加えます。そこに10~15分手足をお湯に付けるだけ!血流の折り返しポイントである手足。温めることによって血の巡りが良くなり、体全体が温まります。

2.ツボにあてて体を温める

satatame3
首裏にある、風門(ふうもん)というツボ!頭痛の予防や治療にも効果があると言われています。熱めのシャワーで温めると、身体全体がポカポカしてきます。

3.心臓から遠いところからシャワーをかける

satatame4
血行促進効果を実感するためには、血管を拡張することです。代謝が促進され、疲れもとれ、老廃物排出効果に繋がります。血行を良くするためには、全身の巡りを良くすることです!部分だけを温めることでも、効果はありますが、関節の節々なども温めることが大事です。


Sponsored Link


4.バスタオルを使ってスチームバス効果

satatame5
方法は簡単!バスタオルを2枚用意しましょう!1枚は両肩にかけ、もう1枚は腰に巻き付けます。この状態でシャワーを浴びましょう!え?っと思われるかもしれませんが、バスタオルが吸い込んだお湯や蒸気が身体を温め、スチームバスのような効果が得られます。なるほど、ですよね?

5.温冷シャワーを交互にかけて温める

satatame6
実は下半身に冷水をかけると、体の表面が冷えて体内が温まる効果があります。そして、冷え性の方には特にオススメなんです。冷え症 = 温めるそれだけではないんですね。方法は、ひざ下を中心に冷たい水と熱めのお湯を交互にかけるだけ。冷水をかけることで血行が良くなり、冷めにくくなります。

シャワー入浴でも体が温まる方法のまとめ

シャワーだけでも、ポイントを押さえることで、様々な効果が得られるんですよ。

湯船に浸かれないから、効果は実感できない・・・

そんなことはないんですよね?なんでも工夫ひとつで、自分の生活スタイルを無理に変えることなく、しっかり効果が実感できるということが、分かったと思います。

どうせシャワーを浴びるなら、ただ浴びるだけのシャワーはもうおしまい!

シャワーだけで、しっかり半身浴効果を実感できるなんて理想です。

なんでもやり方次第!今日からあなたはシャワーで半身浴効果を実感しましょう。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする