セント・ジョーンズ・ワートの効果・効能!副作用の心配はないの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

セント・ジョーンズ・ワートの効果や効能

セント・ジョーンズ・ワートという、この言葉耳にしたことありますか?

とても長い名前ですが、実はこの正体は、今最も注目の私たち人間に必要な成分です。

今回、このセント・ジョーンズ・ワートを紹介したいと思うのですが今、あなたが感じる、予防したい、治したい、症状はどんなことがありますか?

そのことを頭に入れて、ぜひ読んで欲しいなと思います。


Sponsored Link


セント・ジョーンズ・ワートって何?

sent2

まずは、初めましての方もいるでしょう。

「セント・ジョーンズ・ワート」

和名では、西洋オトギリ草と言います。

和名で紹介されてもなかなか親しみの湧かない名前ですよね?

西洋オトギリソウとは、ヨーロッパ原産のハーブです。

少し親しみを感じた方も多いのではないでしょうか?

ちなみにセント・ジョーンズ・ワートの由来は、洗礼者ヨハネ、この方の英名セント・ジョン。

セント・ジョンが首を切られたとき、その血から芽生えたとされたと言われています。

セント・ジョーンズ・ワートの効果・効能について

sent3

では、あなたが冒頭に頭に思い浮かべた症状を、もう一度思い出して下さい。

セント・ジョーンズ・ワートが大きく注目されるようになった、きっかけ。

人間にもたらす効果の大きさでした。

私たちは体内で様々な物質が分泌され、「喜怒哀楽」の感情が芽生えます。

最も人間らしいといってもいいでしょう。

しかし、年齢を重ねるに連れ「子どもは素直だな~」と感じるようになります。

  • なんとなく、気がノラナイ。
  • すぐに疲れが溜まる。
  • 体が思うように動かない。
  • 素直に喜べない。
  • 素直に怒れない。

他にも、様々なことがあるでしょう・・・

初めに頭に思い浮かべてくれた症状が、このような気持ちの部分の方もいらっしゃると思います。

そして、全く別の症状の悩みの方も・・・

まず人間に生まれてきたのだから、大人になっても何か成長しても、いつも、何かに喜び、悲しみ、大きな声で笑う。

子どもの頃のように、自分の思いのまま感情をしっかり持てることが、一番の「健康」の近道になると思います。

話がそれているように思いますか?

でも、この不安定な気持ち、感情のコントロール効果は凄く大事で、大きな悩みとして抱えている人もいます。

そこで、紹介したいのが「セント・ジョーンズ・ワート」。

そしてそのような効果を発揮すると知られたことから、注目された「セント・ジョーンズ・ワート」。

つまり、セント・ジョーンズ・ワートには、感情コントロール効果を持ち、「うつ病」予防に期待できるのです。

セント・ジョーンズ・ワートには、ヒペルフォリンやフラボノイド、ルチン、ヒペロサイドなど様々な成分が含まれていますが、今のところどの成分が大きく関係しているのか?

という答えはでていないそうです。

しかし、様々な研究がおこなわれ、しっかりとした根拠を持っているのも確かです。

セント・ジョーンズ・ワートが、「うつ」に効果的な科学的根拠

sent4

何度も繰り返しになりますが、うつ病の治療薬としてセント・ジョーンズ・ワートは注目されます。

そしてハーブの先進国、ドイツではこのセント・ジョーンズ・ワートの医学的研究が特に進んでいます。

様々な研究結果が紹介されていますが、一部を紹介させて下さい。

ドイツの学者、Woelk博士が1993年に行った実験では、

ストレス症状、うつ症状に悩む3250名に対して、1日に300mgを3回摂 取する試験が4週間の期間で行なわれた。結果、82.8%が 『症状が改善した、もしくは症状が無くなった』 と返答。また、医師に よるその症状に対する客観的評価も、79.9%が 『症状が改善した、もしくは症状が無くなった』 と報告している。

もう一つ、目を通して頂きたい結果があります。

同じくドイツの学者、Hansgen博士が同年1993年に行った実験では、

72名の半数にセントジョーンズワート300mg、その他の半数にはプラセボ(偽薬)が1日3回投与された。期間は6週間。プラセ ボとは何の効果も持たないニセ薬のこと。服用者にはどちらを飲んでいるか分からないようにして、プラセボ効果(薬を飲めば症 状が良くなるに違いないという思い込みによる効果)との比較が実験された。結果、セントジョーンズワートを摂取した81%に症 状の改善がみられた。一方、プラセボ(偽薬)は26%であった。

このような実験結果が報告されているのです。

また、このような記事を見つけたので抜粋します。

うつ病に対するセイヨウオトギリソウの有効性を報告する研究は複数ありますが、逆に有効性を認めなかった研究もあります。例えばNCCAMが助成した大規模試験では、中等度の大うつ病に対する治療効果について、セイヨウオトギリソウとプラセボでの違いは認められませんでした。また、NCCAMが国立精神衛生研究所[米国]と共同で助成した試験では、セイヨウオトギリソウと標準的な抗うつ剤のいずれも、小うつ病の症状に対してプラセボと同等の効果しか得られませんでした。出典元:厚生労働省『「総合医療」に関わる情報発信等推進事業』

このように、セント・ジョーンズ・ワートがうつ病に効果を発揮するという科学的根拠は、他にも様々掲載、発表されています。

セント・ジョーンズ・ワート・サプリメントの選び方や基準

sent5

セント・ジョーンズ・ワートをサプリメントから正しく摂取する方法。

ピペリシン0.3%以上、ヒペルフォリン3.0%以上のもの
セント・ジョーンズ・ワートには複数の薬効成分が含まれています。中でもヒペリシン、ヒペルフォリンが主に作用していると考えられています。

そのためヒペリシン0.3%以上、ヒペルフォリン3.0%以上の基準が採用。

ヒペリシンとヒペルフォリンの含有量が表示されているものを選びましょう。

1粒あたりセント・ジョーンズ・ワート300mg
服用量は300mg×3回=900mgを推奨。

1粒あたりのセント・ジョーンズ・ワート含有量を確認しましょう。

セント・ジョーンズ・ワートの摂り方や摂取量は?

sent6

セント・ジョーンズ・ワートの服用量は900mg。

摂取法としては300mgを朝、昼、夜の3回に分けて、1日の摂取量が合計900mgになるように摂取するのが1番いいと言われています。

セント・ジョーンズ・ワートの副作用について

sent7

セント・ジョーンズ・ワートを摂取する際に気を付けて欲しいのは、まず服用量は900mg。

この900mgを越え、そして1日1800mg以上の過剰摂取が続くと、重症の皮膚光感受性反応を起こすため危険があります。

しかし、セント・ジョーンズ・ワート単体の摂取で副作用が起きるのはまれです。

ですが、あまり耳慣れない成分、注意すべき事項はしっかり知っておきたいですよね。

伝えておきたいと思います。

妊娠中、授乳中の経口摂取は、危険性が示唆されているので避けてください。

薬を服用している方は相互作用に注意しましょう。

セント・ジョーンズ・ワートの効果・効能!副作用の心配はないの?のまとめ

いかがでしたか?

今回、一緒にセント・ジョーンズ・ワートについて勉強しました。

しっかりとして根拠の中、いま注目されてる成分です。

毎日、楽しく笑顔で、時には怒って、思いっきり泣いて人生を過ごしましょう。

最後になりますが、PDR(医師用卓上参考書)「あなたの夢・目標の確認」には様々な症状に対する、最も効果的な成分一覧が載っていました。

そこに、症状:抗ウツ病の横には、堂々と「セント・ジョーンズ・ワート」の文字が輝いていましたよ。

成分の効果・効能

リンゴ酢の効能・効果や美味しい飲み方と作り方!ダイエットに最適!

緑茶の効果・効能と美味しい淹れ方!妊婦は大丈夫?

酵素玄米の効果とダイエットのやり方や美味しい炊き方!

モリンガの効果・効能や成分と副作用の心配はないの?

ブロッコリースプラウトの効能・効果が凄い!ダイエットにも最適?

麻の実の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ザクロの効果・効能と食べ方や副作用の心配はないの?

カムカムの効果・効能と栄養や副作用の心配はないの?

カカオの効果・効能【ダイエットとカロリーや副作用】

マキベリーの効果・効能やサプリの選び方と副作用は?

ビーポーレンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クコの実(ゴジベリー)の効果・効能【栄養と摂取量や副作用】

たんぽぽ茶の効能・効果や作り方と口コミ!不妊や妊婦におすすめ!

ケールの効果・効能と栄養や副作用の心配はないの?

豆乳の効果・効能と栄養やカロリー!副作用の心配はないの?

たんぽぽコーヒーの効能・効果や作り方と口コミ

アセロラの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

明日葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イノシトールの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オリゴ糖の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オオバコの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?


Sponsored Link


ノコギリヤシの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ローズヒップオイルの効能・効果と口コミや作り方!

オリーブオイルの効能・効果やカロリーとダイエット方法!

葛根湯おすすめ3選と飲み方や効果・効能と副作用!授乳時は大丈夫?

小青竜湯おすすめ3選と飲み方や効能と副作用

麦門冬湯おすすめ3選と飲み方や効能・効果と副作用!妊婦は大丈夫?

麻黄湯おすすめ3選と効能・効果や飲み方と副作用!妊婦は大丈夫?

ホホバオイルの効能・効果と使い方【髪・ニキビ・アトピー・育毛】

グレープシードオイルの効能・効果やカロリーと成分!

ローヤルゼリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

えごま油の効能・効果や摂取量と成分や副作用の心配はないの?

ごま油の効能・効果やカロリーとレシピ!うがいにもいいって本当?

亜麻仁油の効能・効果や摂取量や副作用の心配はないの?

アルガンオイルの効能・効果や口コミと使い方【髪・アトピー・ニキビ】

ビルベリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ブルーベリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

プロポリスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アントシアニンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ルイボスティーの効能・効果や飲み方や副作用の心配はないの?

ミドリムシ(ユーグレナ)の効果や効能と栄養や口コミは?

はちみつ大根の驚くべき効果や効能とレシピや飲み方!

はちみつレモンの作り方と効果・効能や保存の仕方!

水素水の効果や効能と選び方のコツ!作り方も教えて!

キヌアの効能や栄養とカロリー!ダイエットできるの?

アサイーの効果や効能と栄養!本当にダイエットできるの?

チアシードダイエットに効果がある食べ方とレシピや栄養

レモン水の作り方と効果・効能【便秘解消やダイエット】

小麦若葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

コリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ゴマリグナンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クリルオイルの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オキシカインの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オオヒレアザミの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オオアザミの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

エフェドリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

エキナセアの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

MSMの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

梅エキスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

インド人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イワベンケイの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イエルバマテの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アンデス人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

赤ワインエキスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

トンカットアリの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アロエの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アラビノキシランの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

αリポ酸の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

夏白菊(フィーバーフュー)の効果・効能や副作用の心配はないの?

ニガウリ(苦瓜)の効果・効能や副作用の心配はないの?

ニコエンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ナットウキナーゼの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

トコトリエノールの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ヒアルロン酸の効果・効能や副作用の心配はないの?

バレリアンの副作用と効能や効果!不眠症は改善できるの?

バレニンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

バナバ茶の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アンセリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

田七人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

テアニンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

チロソールの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

チャーガの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

チェストツリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

月見草オイルの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

セラミドの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

セイヨウシロヤナギの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

セイヨウカノコソウの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

しその実油の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

スピルリナの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シャンピニオンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シトルリンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

サジーの効能・効果や摂取量や副作用の心配はないの?

エゾウコギの効能・効果や摂取量や副作用の心配はないの?

高麗人参の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

桑の葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

シナモンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

コラーゲンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ケフィアの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

大麦若葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クロレラの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クレアチンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

クランベリーの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

アガリクスの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

発芽玄米の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

冬虫夏草の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

甜茶の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ノニの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

肝油の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

グアガムの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

キャッツクローの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ギムネマの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

ガルシニアの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

キトサンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

カルニチンの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

オリーブの葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

エフェドラの効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?

イチョウの葉の効果・効能や摂取量や副作用の心配はないの?


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする