手荒れに効くハンドクリームと症状別の選び方のポイント!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ひどい手荒れに効くおすすめのハンドクリーム!

気温が低くなり、空気が乾燥するこれからの季節は、手荒れが気になる方も多いのではないでしょうか。

毎年、これくらいの時期になると決まって手荒れを起こしてしまう方も多いと思いますが、そもそも、手荒れがどうして起こってしまうか、原因をご存知でしょうか?

手荒れの主な原因は、皮脂が失われてしまうことにあります。

特に女性の場合、洗濯や食器洗いなどの家事で水に触れる機会が多いため、「手が濡れる → 乾燥する」を繰り返しているうちに、表面を覆っている皮脂膜がどんどんと薄くなってしまうことから、肌のバリア機能が弱まり手荒れを起こしてしまいます。

そのような時、とても頼りになるのがハンドクリームです。

しかし、ハンドクリームは含まれている成分の違いによって種類が異なるため、選ぶのに一苦労するという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、手荒れに効果的な正しいハンドクリームの選び方や、症状別の選び方のポイントをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


正しいハンドクリームの選び方とポイント

ハンドクリームの主な働きは、保湿性を高めることによって手を外の刺激から保護することです。

しかし、現在市販されているハンドクリームは、成分によって効果が微妙に違います。

そのため、どのハンドクリームを使っても同じ効果を得られるわけではありません。

むしろ、ハンドクリームに含まれる成分によっては、手荒れを悪化させてしまう場合もあります。

このような失敗をしないためには、ハンドクリームの成分と効果を覚えておくことが重要です。

それでは、成分によってどのような効果があるのか、具体的に見ていきましょう。

→《最新》「ハンドクリーム」人気ランキング!最安値もチェック!!【楽天】

ビタミン系ハンドクリーム

tarhdcm2
ビタミンCやビタミンEが多く含まれるのが、ビタミン系ハンドクリームです。

ビタミンEには血行促進効果があることから、手荒れとともに手先が冷えやすい方にもとても有効です。

同様に、ビタミンCは美肌や美白に欠かせない成分であるため、手を若々しく美しく保ちたい場合にも効果を発揮します。

ビタミン系のハンドクリームは、手荒れが比較的軽度の方に向いていると言えるでしょう。

また、使い方としては手の平や甲だけではなく、指先までしっかりと塗ることで、末端の血液に成分が浸透してより高い効果を得ることができます。

保湿成分配合のハンドクリーム

tarhdcm3
美肌やアンチエイジングを語る時、必ず出てくるキーワードが「セラミド」や「ヒアルロン酸」ですが、これらが含まれているハンドクリームは特に保湿性が高いと言えます。

角質の奥にまで成分が浸透するため、手を表面から保護するだけではなく、内側からも潤いを高める効果がありますが、皮がめくれてしまうような重度の手荒れにはあまり効果がなく、カサカサとした軽度の手荒れに効果が高いと言われています。

使い方として、手の平や甲にまんべんなくしっかりと塗るのがポイントです。

また、手荒れがない場合でも、あらかじめ塗っておくことで手荒れを予防してくれる効果もあります。

尿素系ハンドクリーム

tarhdcm4
ハンドクリーム、というと尿素が入っているというイメージを持っている方も多いと思いますが、尿素系のハンドクリームは、症状が軽度の方や敏感肌の方、年齢の若い方が使うと返って逆効果となる場合があります。

それは、尿素の持つ本来の働きに理由があります。

手荒れが進んで、カサカサよりもガサガサしている場合や、皮膚が硬くなっている時は、尿素系クリームを塗ることで角質がやわらかくなるので非常に効果が高いのですが、尿素は刺激が強いため傷がある時や皮膚の薄いところに使用すると症状が悪化する場合があります。

手荒れがある方で「ハンドクリームを使ったら、よくなるどころかもっと悪くなってしまった」と悩んでいる場合は、尿素入りのハンドクリームを使っていることも多いため、手荒れ=尿素というイメージは取り払った方がよいかも知れません。

ワセリン

tarhdcm5
ワセリンは、石油を精製して作られているものです。

石油からできていると聞くと「使っても大丈夫なの?」と心配してしまう方もいらっしゃいますが、ワセリンは刺激が弱く、アトピー性皮膚炎の方や赤ちゃんにも使っても安心というメリットのあるものです。

しかし、ワセリンは手荒れの症状を改善・緩和するための成分は含まれていません。

あくまでも、肌に油膜を張ることで乾燥を防ぐために使うことから、手荒れを予防するために用いるのがよいでしょう。

かゆみ止め系ハンドクリーム

tarhdcm6
乾燥によるかゆみが強い場合には、かゆみ止め系のハンドクリームを選びましょう。

かゆみがあると手を掻いてしまうことから、症状が悪化しやすいため、かゆみを止めることがとても大切です。

また、かゆみ止め系ハンドクリームには、尿素系と非尿素系の2種類があるため、手荒れの症状に合わせて選ぶようにして下さい。

特にかゆみが強い時は、抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン」や「クロタミトン」などが含まれているものがよいでしょう。

カサカサ状態の手荒れに効果的なハンドクリームおすすめ3選

手荒れが比較的軽度な状態である、カサカサ肌におすすめのハンドクリームをご紹介します。

この状態の時に適切な対処ができると、手荒れがひどくならずに済むことが多いので、手荒れがわかったら放置せずに早めに対処しましょう。

ユースキンA

tarhdcm7
独特な香りがあるものの、保湿性が高く尿素も入っていないので、小さな傷がある手にも使うことができます。

クリームの色が黄色なのは、ビタミンB2を多く含んでいるからです。

その他に、消炎成分のグリチルリチン酸や柔軟保湿成分のグリセリンなどが配合されています。

販売会社:ユースキン製薬
URL:http://www.yuskin.co.jp/

ヴァセリン

tarhdcm8
水仕事の後の手の乾燥や、乾燥による肌表面のかさつきに効果があります。

少量を指でとり、手の平や甲にまんべんなく塗りましょう。

無香料・無着色・防腐剤無添加なので、小さなお子さんや赤ちゃんにもお使い頂けます。

販売会社:ユニリーバ・ジャパン
URL:http://www.vaseline.jp/

シアハンドクリーム

tarhdcm9

保湿成分のシアバターが20%配合された、ロクシタンのロングセラー商品です。

素早く浸透し、やわらかい肌に導いてくれる効果も素晴らしいのですが、ほんのりと香る優しいにおいが心を落ち着かせてくれる効果もあるようです。

販売会社:ロクシタン
URL:http://jp.loccitane.com/

「ひび・あかぎれ」などの手荒れに効果的なハンドクリームおすすめ3選

手荒れが進行し、ひびやあかぎれができると、水仕事がつらくなるだけではなく見た目にも気になってしまいます。そのような時、素早く手荒れを改善してくれるおすすめのハンドクリームをご紹介します。

ノルウェーフォーミュラ

tarhdcm10
極寒の地で寒風や海水に晒されるノルウェーの漁師は、ガサガサに赤く荒れた手を独自の方法でケアしていました。

そのケア方法に着目し開発されたのが、ニュートロジーナのノルウェーフォーミュラです。


Sponsored Link


高濃度の保湿成分が肌の奥まで浸透し、手荒れを潤いが長時間持続します。

微香料と無香料があるので、においが気になる方も安心してお選びいただけます。

販売会社:ニュートロジーナ
URL:http://neutrogena.jp/

アトリックス エクストラプロテクション

tarhdcm11
撥水効果や耐水性に優れているため、水仕事にも強く肌を乾燥からしっかりと守ります。

保湿成分のヒアルロン酸を始め、ひびやあかびれの炎症を抑えるアラントインや、血行を促進するビタミンEも配合されています。

販売会社:ニベア花王
URL:http://www.kao.co.jp/nivea/atrix/index.html

ロコベースリペア

tarhdcm12
オレイン酸を始めとした肌の脂質成分を3種類と、ワセリンやグリセリン、セラミドなど肌の保湿を高める成分も配合されています。

ハンドクリームとしては少々値が張る商品ですが、フェイスクリームとしても使用できることから、手荒れだけではなく顔の乾燥も気になる季節には一石二鳥の効果が期待できます。

販売会社:第一三共ヘルスケア
URL:http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_locobase/index.html

手荒れ+かゆみがある時に効果的なハンドクリームおすすめ3選

手荒れだけでもツライのに、加えてかゆみがあると余計にいらいらしてしまうもの。

そのような時におすすめのハンドクリームをご紹介します。

メンソレータムADクリーム

tarhdcm13
クロタミトン・リドカイン・ジフェンヒドラミンの3つのかゆみ止め成分が、かゆみを鎮めてくれます。

また、グリセリン配合で保湿効果もあります。

販売会社:ロート製薬
URL:http://jp.rohto.com/

ユースキンI(アイ)ローション

tarhdcm14

クロタミトンとジフェンヒドラミンがかゆみを抑え、グリチルレチン酸が炎症を鎮めます。

塗りやすい乳液水タイプで、塗った後すぐに乾きますが高い保湿力を持っています。

ステロイドや尿素は含まれていません。

販売会社:ユースキン製薬
URL:http://www.yuskin.co.jp/

ケラチナミン

tarhdcm15
かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン塩酸塩と尿素を同時配合。

さらに、抗炎症作用のあるグリチルレチン酸が炎症を抑えて、かゆみを素早く止めます。

販売会社:興和株式会社
URL:http://www.kowa.co.jp/

ハンドクリームの塗り方や使い方の手順

tarhdcm16
ハンドクリームは、正しい方法で塗ることでより高い効果を発揮します。

ハンドクリームの効果を高める塗り方は以下の通りです。

1.手を温めましょう。手が冷たいよりも温かい方がクリームの馴染みがよくなります。

2.クリームは人差し指の第一関節分程度使います。多過ぎても少なすぎても効果が変わってしまいます。

3.手の甲から指、爪、手の平へ塗ります。手の甲や手の平だけではなく、指や爪にもしっかりと塗るのがよいでしょう。

水仕事をした時や乾燥が気になる時などに、ハンドクリームをこまめに塗ることは手荒れを悪化させない最も有効な方法と言えます。

しかし、仕事や家事をしていると、なかなかそうも言っていられないというのが現状のところ。

そこでここでは、夜、寝ている時にできる手荒れのケア方法をご紹介したいと思います。

夜、寝ている時にできる手荒れのケア方法

手荒れケアに必要な道具

・ハンドクリーム

・手袋(綿100%がよいです)

手荒れのケアの手順

1.寝る支度を整えたら、用意したハンドクリームを塗ります。少々多めに塗るのがポイントです。指先や指の付け根などもしっかり塗りましょう。

2.手袋をして寝ます。

ポイントは、手荒れのひどい部分(ひび割れやあかぎれ)はハンドクリームを塗り込むのではなく、盛るようにすることです。

一週間ほど続けると、皮膚が硬くなっていた部分がやわらかくなり、ひび割れやあかぎれを起こしていたところも皮膚が元通りになっているはずです。

ハンドケアの基本的な5つのポイント

乾燥の気になる冬の季節だけではなく、一年を通して正しいハンドケアを行うことができれば、皮膚の保湿力を高め、手荒れを起こしにくくなります。

そこでここでは、ハンドケアの基本的な5つのポイントをご紹介したいと思います。

1. お湯じゃなくてぬるま湯を使う

tarhdcm17
冷たい水は血行を悪くしてしまうから、と熱いお湯で手を洗う方もがいますが、お湯は皮脂を除去してしまうためおすすめできません。

手荒れを防ぐためには、水でもお湯でもなく「ぬるま湯」で洗うのがポイントです。

2. 化粧水で保水してからハンドクリームを塗る

tarhdcm18
ハンドクリームには保湿性のある成分が含まれていますが、いくら保湿性を高めても肌自体に水分がなければあまり意味がありません。

そこで、ハンドクリームを塗る前に手にたっぷりと水分を与えてみましょう。与えた水分をハンドクリームが保護し、しっとりとした肌を持続してくれます。

3. ハンドクリームは温めてから塗る

tarhdcm19
ハンドクリームはチューブからそのまま絞ってすぐ使うのではなく、手の平に載せて両手で包んで温めてから使うと浸透力が高まります。

4. 手を濡らした後には、必ずハンドクリームを塗る

tarhdcm20
手が濡れた時はしっかりとタオルで水分を摂り、すぐにハンドクリームを塗りましょう。

5. お風呂の後は5分以内にハンドクリームを塗る

tarhdcm21
お風呂から出た直後は肌が潤っているように感じますが、それも5分以上が経過するとお風呂に入る前よりも肌の乾燥が進んでしまうそうです。

そのため、お風呂から上がったら5分以内にハンドクリームを塗って手の乾燥を防ぐことが大切です。

手荒れを予防するときのポイントや注意点

tarhdcm22
手荒れの原因は、皮脂が失われてしまうことにあります。

そのため、必要以上に手を洗い過ぎると、手荒れを起こしてしまいますので、過度な手洗いを避けるようにしましょう。

また、水に触れた後は自然乾燥ではなく、タオルでしっかりと水気を拭き取って下さい。

その時、ゴシゴシとこすらずに肌にあてるようにして水分を吸わせます。

肌は、水分が蒸発する時に乾燥しやすくなるので注意しましょう。

手荒れに効果的なハンドクリームのまとめ

手荒れを改善するのに、とても役立つハンドクリームですが、選び方や使い方を間違えるとせっかくの効果も半減してしまいます。

自分の手の症状に合ったハンドクリームを選び、正しい使い方をしましょう。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする