低体温の原因と症状や改善方法!体温が低いと病気になるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

低体温症の症状と原因や改善法!

最近よく耳にする低体温症

それは低体温症の原因が関係していると思います。

だから、私たちは気を付けなければならないんです。

そんな低体温症について、今回まとめました。

少し気を付けると避けられる症状。

でも、何も考えずにいまの生活を続けていると、あなたも低体温症に。


Sponsored Link


低体温とは?低体温症の原因は?

teiton2
医学的に「低体温症」とは、体の中心部の温度が35℃以下の場合をいいます。

普通の人は、37℃程度に保たれています。

体の中心から離れた皮膚の温度はそれより低くなっていきます。

その離れた皮膚の温度が35℃以下の場合は“低体温症”と言われるんです。

低体温症には2種類ある

偶発性低体温症
事故や不慮の事態にある場合

誘発性低体温症
心臓や脳の手術を安全に実施するため、わざわざ患者さんの体を冷却することをいいます

出典元:テルモ体温研究所 http://www.terumo-taion.jp/health/teitaion2/01.html

低体温症の原因

食生活の乱れ
私たちは、食べ物からエネルギーや熱を作り、体温を保っています。エネルギーに変える時に必要なのが、ミネラルとビタミン。しかし、ミネラル・ビタミンが不足してしまうと、食べ物からエネルギーや熱を作ることができず、体温が上がらなくなり、低体温になってしまうのです。また、ミネラル・ビタミンは不足してしまうと・・・生理不順、貧血などを引き起こす重要な原因になっています。

他にも注意したい生活習慣


Sponsored Link


  • 冷たい食べ物や甘い食べ物の食べ過ぎ
  • ダイエット
  • 運動不足
  • 過度のストレス
  • 自律神経の乱れ
  • 便秘

低体温の症状や病気について

teiton3

凍傷
表層性凍傷は、紅班や水疱を形成し、しびれを伴うことがあります。解凍後は、灼熱痛、充血、発赤、浮腫などがみられます。

凍瘡
耳介部、足の指先、鼻尖部に発赤、腫脹、水疱、びらん、潰瘍などがみられます。多くの場合かゆみを伴います。

全身性低体温症
皮膚は冷たく蒼白となり、意識障害、血圧の低下、徐脈がみられます。呼吸は浅く緩徐になります。まず硬直がみられ、低体温が進行すると随意運動は消失。

低体温症を改善するには?

teiton4
改善するには原因を取り除くことですよね。

  • 冷たい食べ物や甘い食べ物をあまり食べないようにする。
  • 旬の野菜や果物を摂取して低体温改善!
  • 過度な食事制限のダイエットは避ける
  • 適度な運動を取り入れる
  • お風呂にゆっくり浸かる
  • お酒の飲みすぎに気をつける
  • タバコを控える
  • たんぱく質を摂取する

低体温の原因と改善方法のまとめ

いかがでしたか?低体温症の原因が分かれば、あとは生活習慣を正すだけ!ということが分かりました。

不規則な生活習慣が低体温症を招きます。

そして、しびれを伴う凍傷。かゆみを伴う凍瘡。

全身性低体温症という症状が現れ始めます。

体を温め、生活を見直すことで改善されます。そして予防になります。

毎日、健康に過ごせるためにも少しの知識が大事なんですね。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする