低炭水化物ダイエットの効果と成功させるコツ【リバウンドや危険は?】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

低炭水化物ダイエットの効果的な方法!

低炭水化物ダイエットってご存知ですか?

いま、知ってるよ!って思った方、本当にそれは低炭水化物ダイエットですか?

実はこのダイエット法、間違っている方が非常に多いんです。

そして間違った方法で、取り組んでしまうと「失敗」に繋がってしまうんです。

だから、今回正しい低炭水化物ダイエットを紹介します。

正しいダイエットで、正しい効果を実感しましょう。


Sponsored Link


低炭水化物ダイエットとは?本当に痩せるの?

ttkdt2
誤解の多いダイエット法、低炭水化物ダイエット。


食事から炭水化物は抜くダイエット法


炭水化物を、制限するダイエット法

ここで、大きな違いが出てきました。炭水化物抜きダイエット法というダイエット法は確かにあります。しかし、炭水化物って私たち人間が生きていくうえで、生活していく中で必要な三大栄養素の一つです。

その炭水化物を一切、食事から排除する!

確かにダイエット効果はあるかもしれませんが、健康的な生活を送れるのは難しいんですよ。

今回の低炭水化物ダイエットは、炭水化物を制限する!炭水化物の量を減らす!ダイエット法です

一切、炭水化物を摂取しない!というわけではないので、上手に取り入れられると、ダイエット効果はもちろんストレスも感じにくいダイエットを行うことが出来ます!

低炭水化物ダイエットの効果とやり方!

ttkdt3
低炭水化物ダイエットの効果は、もうお分かりかと思いますが、私たちが普通に食事をしていると、1日の食事の中で炭水化物は50%のカロリーを占めています。

普通の食事 = 健康な食事と、考えがちですが・・・

そのままの食事内容では、体内が炭水化物の過剰摂取状態に陥ります。

すると・・・

血糖値が急上昇

摂取した食事が脂肪になる

時間が経つと急上昇の反動で血糖値は急下降

低血糖になる

脳が糖を欲するので、また食欲が湧く


Sponsored Link


体内がこのような状態を繰り返してしまうのです。

そこで低炭水化物ダイエットを行うことで・・・

  • このサイクルを食い止めることができる
  • カロリーを抑えられる
  • 脂肪になりにくい痩せやすい体質に変えてくれる
  • 食欲抑制効果がある

このような効果が見えてきますよね?

低炭水化物ダイエットおすすめ方法

極端に減らしては、体もついてきません。今までの食生活の分、ゆっくり時間をかけてなれさせてあげましょう!

  • 炭水化物の1日の摂取カロリーを決める
  • 野菜を食事の最初に完食する
  • 野菜の量を増やす

カロリーの元となる炭水化物を減らせば、効率的にカロリーの摂取量を抑えられます。

また、ほかにも!

  • 運動をする
  • リラックスする時間をとる

お風呂にゆっくり入ったり、運動を取り入れるのも効果的です。

低炭水化物ダイエットはリバウンドしないの?危険性はないの?

ttkdt4
炭水化物ダイエットで、1番危険視されるのが「リバウンド」でした。

それは、極端に炭水化物の摂取を辞めたことに大きな原因があります。

しかし、今回のダイエット法は、炭水化物の賞を制限するダイエット法です!

正しく行うことで、リバウンドの危険はありません。

そのためにも、適度な運動!心の余裕を大事にしなくてはいけません!

そして、炭水化物の量を自然と抑えられるような、食事の食べ順も大事にしましょう。

リバウンドの問題は解決しましたが、ここでしっかりと知識として持っていてほしいことがあります。

炭水化物を抜くことの危険性

炭水化物は、エネルギー源です。極端に制限してしまうと、日常生活の支障が出ることがあります。また、体臭や口臭の悪化につながることもあります。体臭や口臭の悪化はよっぽど過度な制限ではない限り、心配することはないみたいが、炭水化物があまりにも不足すると、このような危険性があることはしっかり身に付けておきましょう。

低炭水化物ダイエットのまとめ

上手に健康的に、しっかり効果を出したい時に行うのが低炭水化物ダイエットです。

常日頃から、少し意識して、炭水化物より、先に野菜を摂取。先に汁ものを摂取!

このような、少しの意識で少しずつ変えていくことをおススメします。

そして、体の不調を感じているとき、感じた時は、まずはしっかり栄養を補給することに専念しましょう。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする