ウォーキングダイエット効果【歩き方や距離や時間と期間】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
wkgd1

効果のあるウォーキングダイエットの歩き方とカロリー

ウォーキングダイエット、あまり激しい運動は苦手、続かない!

でも、やっぱり何か運動したい!ダイエットしたい!

そんな方におススメなのが「ウォーキングダイエット」

のんびり過ごしたい人、健康的な生活を取り戻したい人。

毎日、幸せに過ごしたいなら、すべてが手に入るウォーキングを生活に取り入れませんか?


Sponsored Link


ウォーキングダイエットの効果と消費カロリーは?

ランニングをする女の子
ウォーキングは有酸素運動です。

有酸素運動効果は、ダイエットはもちろんストレス解消にも効果があり、仕事の能率もUP、そして心肺機能向上効果もあります。

なんだか毎日を充実して過ごせそうな気がしませんか?

健康的に痩せることができます。
しっかり運動を取り入れながら行うことで、過度な食事制限はしなくて済みます。そこで、しっかり筋肉をつけながらキレイなスタイルに近づけるようになります。汗をかくことで、デトックス効果が期待でき、むくみ解消や美肌効果につながります。

自然と痩せ体質に変わっていく
運動をすることで、アドレナリンが分泌され一時的に血糖値が上昇するので空腹が紛れるのです。食事量を抑えることができます。

ストレス解消で仕事の効率アップ
運動後に感じる充実感が、日々ため込んだストレスを解消してくれます。そして学業・仕事などのやる気が増し、集中力がアップします。

疲れにくい体つくりにも・・・
有酸素運動は心肺機能を鍛えることができます。体が疲れにくくなり、生活が快適に送れるようになります。

有酸素運動は幸せな生活を送るために必要な運動だったのです!

とは言え、一番の目的はダイエットですよね。

ダイエット目的で始めるウォーキングから、幸せな結果がついてくるということは分かりました。

ダイエット効果にポイントを当てましょう!

ウォーキングの消費カロリー

  • 体重50kgで30分ウォーキング:80kcal
  • 体重50kgで1時間ウォーキング:160kcal
  • 体重60kgの場合1時間ウォーキング:190kcal

カロリー数はこのような数字が出てきます!


Sponsored Link


ウォーキングは、痩せる為にどのくらいの距離や時間と期間が必要なの?

wkgd3
そして歩く時間、距離はどうでしょう?

ウォーキングは時間ではなく距離にポイントをおくといいですよ。

有酸素運動で言われる脂肪が燃焼しだすのは開始から20分後。

この20分という時間は最低でもクリアしてほしいのですが、平均、距離に変えると2~3kmでしょう。

時間ばかりを気にすると、長く感じたり、続かない原因になります。

散歩コースをイメージして、だいたいこのくらいが2 kmかな?と考え、景色を楽しみながら始めるようにしましょう。

20分なんてきっと、あっという間です!

もう一つのポイントは時間帯!

もし、20~30分の時間なら、朝でも夜でもOK!という方は、ぜひ「夜」の時間帯を活用しましょう。夜のウォーキングは、

  • 1日のストレスを発散できます
  • 質の良い睡眠を得ることができます

ウォーキングでダイエットを成功させるための正しい歩き方は?

ウォーキングダイエット効果アップ法

ウォーキングポイントは・・・時間ではなく距離!そして夜が狙い目!ということを前提に、さらに効果アップ法を紹介します。

姿勢を正しく
背筋を伸ばし、胸を張り、足を意識しながら歩くことがポイントです。

スピードも大事
散歩とウォーキングは違います!ウォーキングの基本は「早歩き」です。

恥ずかしくても腕を振る
正しい姿勢で行うために、腕もしっかり振りましょう。

専用シューズを買いましょう
ウォーキングシューズを買いましょう。なんでもそうですが、向き不向きがあります。

季節に合わせた歩きやすい服装で
通気性の良い服装にして、タオルもしっかり持参しましょう。

ウォーキングダイエットのまとめ

楽しい時間を過ごしながらダイエットができるとしたら、ウォーキングがいいのではないでしょうか?

のんびりしたい時に、景色を楽しむながら・・・音楽を聴きながら・・・

1日のどこかに20分~30分、何も考えずに歩くのはどうでしょう?

そこから、健康と美が得られ、幸せを実感できる毎日が送れるようになります。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする