ウェイダウンダイエットで効果のある成功するやり方は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ウェイダウン法ダイエットの効果や痩せた口コミ!

食べながら痩せられる?!

この謳い文句のついたダイエット法は、よく耳にしますが、ウェイダウンダイエットは聞いたことありますか?

今回、紹介するダイエット法も、同じ!食べながら痩せられるダイエット法で、食事制限や運動などは一切必要ありません。

そして、なんと成功者続出の効果的なダイエット法!そしてやり方もとっても簡単!そして楽なんです。


Sponsored Link


ウェイダウンダイエット法でどうして痩せるの?口コミは?

wdndt2
ウェイダウンダイエットに隠されている狙いは・・・

空腹を感じた時に分泌されるドーパミン

そして・・・

満腹感を得た時に分泌されるセロトニン

ここに、ダイエット効果の狙いが隠されています。

では、どういうことなのか調べていきましょう。

空腹時のドーパミン
ストレスを感じた時にも体内では分泌されます。過食を繰り返して摂取量が多い日々が続くと、この空腹時に感じる正常分泌がくるってきます。なんとなく、お分かりかと思いますが、大食いの人はお腹いっぱいと感じるまでの量がはるかに多いです。そして、食事を摂ったあとも、すぐにお腹が空いてきた・・・なんて言いますよね?そして、いつしか体内の反応がおかしくなって、最悪、「お腹がすいた」「お腹がいっぱい」の感覚もなくなってきます。

満腹時のセロトニン
満腹感を得た時にセロトニンが分泌されます。セロトニンが分泌されたとき脳の満腹中枢が働きます。 こちらの同様。食事量が多すぎる場合や、苦手なもの欲していないものを食べて、満足を感じなければ、なかなかうまくセロトニンの分泌は始まらないのです。

いま、こうした二つの分泌の働きの話をしました。

それも、今回紹介するウェイダウンダイエットはこの分泌を正常にすることで、ダイエット効果につなげようというダイエットなのです。

説明のあとに簡単にまとめるとするなら、

ストレスを感じる不健  → ドーパミン分泌の分泌開始 → 食べる、食べる、食べる・・・

これは、なんお対処もしなければ人間はこのようなサイクルになっているということです。

そうじゃないんです!二つの分泌は自分の生活の中で制御できるということ!


Sponsored Link


お腹が空いた → 好きなものを『少しだけ』食べる → 幸せを感じる

そうなんです!この状態を保つことが出来るということです!好きなものを食べながら!

このウェイダウンダイエットは成功者も多数いるんですよ。

のあ
昨年実践し、5ヶ月で10kg程痩せました。 細かく分けた食事をしやすい職場であったことも成功の理由だと思います。 空腹感を感じたら食べても良いという安心感もあり、やりやすかったです。

出典元:DietClub ウェイダウンダイエット http://dietclub.jp/methods/23237.html

ウェイダウンダイエットの基本的なやり方と実践の仕方

wdndt3
ウェイダウンダイエットのやり方

やり方は本当に簡単!空腹を感じた時だけ少量の食べ物を口にする

ウェイダウンダイエット成功の秘訣

  • お腹が空く感覚をつかむことです
    ※胃袋の中が空っぽでお腹がグ~グ~鳴るような感覚が正しい空腹の時間
  • 少しだけは腹八分目ではなく、本当に一口、一つまみ感覚
  • 少しだけ摂取した後、一時間以上時間があいたら、また摂取をしてもOK

ウェイダウンダイエットを続けるコツと食べ過ぎないコツ

(2007年11月14日、日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」の「巨漢スペシャルパート6」でアメリカ・テネシー州フランクリンに住むマギー・クリスが実行したダイエット方法が放映)

ウェイダウン法ダイエットを続けるコツ!

  • 食べる物の内容に決まりを作らない!その時食べたいと思うものを食べる!
  • 運動もしなくては・・・そんなプレッシャーはいりません!
  • 食事の回数や、内容に制限をつけない

ただ、その時の空腹を自分でしっかり満たすものを食べるだけ!

ウェイダウンダイエットのまとめ

ウェイダウンダイエットはいかがでしたか?

紹介しながらも、こんなに楽しいダイエットがあっていいのか?と驚きます。

しかし、しっかりと狙いがあって、人間の体内のサイクルを考えて考案されたダイエット法。

これは、日ごろの生活に新しい楽しみを増やしながらできるダイエット法かもしれません。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする