野菜ダイエットの効果と生野菜で痩せるやり方とレシピ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
ysidt1

生野菜でダイエットの効果的なレシピ!

野菜でダイエット!ま~健康的にダイエットできる!ということは分かります。

分かっているけれど、なぜできないのか?

それは、あまり好んで食べていないから、楽しくない、続かない?

あまり、自炊の時間がなく、いつもバタバタコンビニ弁当になってしまうから?

今回、当たり前のように分かっている野菜効果をもう一度確認して、そして、美味しく続けられる野菜レシピを紹介します。やっぱり野菜効果はすごかった!!!


Sponsored Link


野菜ダイエットとは?その効果は?

ysidt2
野菜ダイエットは、1日3食、ほどよく野菜を摂り入れ栄養補給をしながらダイエットしよう!というダイエット法です。

× 1日1食野菜に置き換えダイエット?

× 野菜のみしか摂取しないダイエット?

このようなスタイルのダイエット法ではないんです。

今までの1日3回の食事の中に「野菜」を摂取し、そこから大事な栄養素を補給しよう!

これが目的で、健康第一のダイエット法なのかもんしれません。

体内で栄養が不足すると、もちろん病気の原因になります。

最近では精神的に苦痛を感じるようなことにもなります。

女性の場合はホルモンバランスが崩れることもあります。

そして、このような症状になってしまうとダイエット云々の話ではなくなります。

もちろん、体内が健康でない状態に目をつむって、ダイエットを始めても、正しくしっかり効果を実感できません。

だから「野菜ダイエット」はダイエットを始めるためには、まず必要な体つくりをしてくれます。もちろん、不足していた栄養を摂取できるのですから・・・

便秘解消効果を発揮します
野菜に多く含まれる食物繊維。体内の老廃物をスムーズに排出してくれます。

一番大事な高い栄養素を補給します
栄養バランスの偏り。これも野菜を摂取することで補えます。ビタミンやミネラル、自然に摂取することができるので、自律神経を活発にして基礎代謝をアップさせてくれます。

野菜ダイエットの具体的なやり方と注意点は?

ysidt3
野菜ダイエットの成功の秘訣は食事に上手く野菜を取り入れること。


Sponsored Link


3食の食事に野菜を取り入れ、まず野菜から口にするようにしましょう。
食前に食べれば満腹中枢が刺激されるので食べ過ぎ防止効果が期待できます

野菜の摂取は煮込み野菜がベスト
ローカロリーでも腹持ちもよく、脂質の摂りすぎも防ぐ効果が期待できます

野菜さえ食べていればいいというわけではありません!
野菜だけの食事は3大栄養素のうち、タンパク質が決定的に不足します。タンパク質だけではなく、どの食材も一つですべての栄養素は補えません。バランスよく、ほかの食材も摂取していくようにしましょう。

ダイエットを成功させる野菜のレシピ3選!

ysidt4
温野菜納豆サラダ

材料:キャベツ ホウレンソウ もやし 納豆 オリーブオイル かつお節 梅チューブ じゃこ ポン酢

  1. キャベツ、ほうれん草を一口大に切って、もやしを洗う。
  2. もやしとほうれん草を茹で、しんなりしてきたらキャベツも入れて1分ほど茹でる。
  3. ザルにあげて、水気をきる
  4. 器に移して、茹でた野菜と納豆とオリーブオイルを混ぜる。(納豆についてるたれも入れちゃいます)
  5. かつお節を入れて混ぜる。
  6. お好みで梅チューブやポン酢を入れて完成(^o^)

出典元:http://cookpad.com/recipe/2976927

夏野菜と豚肉の中華炒め

作り方

  1. ピーマン2個、玉葱1/4個、豚肉150g、生姜10gをそれぞれ太めの千切りにし、フライパンに油をしいて中火で炒めます。
  2. 豚肉に火が通ったら、中華ブイヨンの粉末/小さじ1とコショウ2フリを入れてさらに炒め、全体に味が行き渡ったら出来上がりです!

出典元:男性でも簡単に作れる夏野菜メニューレシピ

白菜のトマトスープ

材料:豚ひき肉 白菜 水 トマト(カット)缶 コンソメ 塩こしょう ブロッコリー

  1. 鍋で豚ひき肉を炒め、トマト缶と水、コンソメを入れて煮立て、食べやすい大きさに切った白菜を入れる
  2. 白菜に火が通ったら塩で味を付ける
  3. 器に盛り付け、下ゆでして刻んだブロッコリーをのせて出来上がり♪

出典元:レシピブログ

野菜ダイエットのまとめ

野菜ダイエット、いかがでしたか?

正直、当たり前のバランスの摂れた食事をしましょうという内容になったかと思いますが、しかし忘れがちではないでしょうか?

もう少し、時間に余裕を持ち、体をいたわり健康的にダイエットを始めるには大事なことです。

今日から、少しの意識を変えていきましょう。


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする