妊娠中に葉酸が必要な理由!摂取量はどれぐらいがベストなの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 16
yousan1

妊娠中に葉酸が必要な理由とそのポイント

葉酸、妊娠中なにかと耳にする言葉かと思います。

でもなぜ葉酸・・・?

葉酸不足は、妊娠中のデリケートな女性の体には対敵です。

貧血の悪化や、しっかり栄養を摂りたいのに食欲減退、そしてつわりがひどくなってしまうなど、葉酸不足で起きうる症状があるのです。

妊娠中以外にも、葉酸が日常生活で不足していると心血管系疾患、脳卒中、末しょう神経障害などの原因にも繋がっているということですから、自分の生活に積極的に摂取したいのが葉酸です。

誰しも健康な体を子どもには与えたいと願うでしょう・・・。

葉酸は胎児の奇形予防になります。

最近では、サプリメントからでも摂取出来ますが、葉酸が多く含まれている食品は、ほうれん草、大豆です。

毎日の食卓に1日1品でもほうれん草、大豆が登場するようになると、気持ちも安心ですよ。


Sponsored Link


そもそも「葉酸」ってなあに?

yousante

葉酸は、赤血球を作り出す働きを持っていて、葉酸が発見されたのは、1941年。

ほうれん草の葉から発見され、ラテン語で「葉」を意味する「folium」から「folic acid=葉酸」と名付けられました。

葉酸が赤血球を作り出す働きを持っているということが大事なのですが、人間の体に必要な赤血球は4ヶ月で死滅し、新たな赤血球が当然必要になります。

そこで葉酸パワーが発揮し、新たな正常な赤血球を作りだしているのです。

葉酸は女性の味方!なぜ女性に必要な栄養素なの?

母子健康手帳に「葉酸」の摂取について書いてるって本当?

ktetyo

実はそうなんです。

厚生労働省は、2002年度から使用される母子健康手帳に「妊産婦の葉酸摂取に関する記載」を任意記載事項として追加することを決定しているのです。

2002年度からの母子手帳記載の2年前、2000年には、二分脊椎症などの先天性神経管閉塞症の防止のために、妊娠適齢期の女性すべてに対して、緑葉野菜や豆類など葉酸を多く含む食品を食べて、1日に400μgの葉酸を摂取するようにと勧告しています。

実際の記載文(一部)
「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のために」との項目に「二分脊椎などの神経管閉鎖障害の発生を減らすためには、葉酸の摂取が重要であることが知られています。
葉酸は、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、いちご、納豆など、身近な食品に多く含まれています。」とする。

妊娠初期に葉酸を摂取したほうがいい本当の理由と注意点は?

1日に必要な「葉酸」の摂取量は、どれくらいなの?

では、どれだけ摂取したらいいの?という問いにお答えしましょう。

葉酸は、1日あたりの必要量が決まっています。

これまでの内容で「よし!どんどん摂取しよう!」ではありません。

もちろん、第一に必要なのはバランスの良い食事が前提にあることは忘れずに・・・。

食事摂取基準で、葉酸の推奨量というものが出ていますが、1日当たり、18~29歳女性、一日480μg。耐容上限量は1300μg。

妊娠中、摂取しやすいレバー、レバーには100gで800~1000μgの葉酸を含んでいます!

レバーにサプリは避けておきたいですね。

葉酸の役割を知ると、たくさん摂取したくなるかもしれませんが、過剰摂取、心配になりますよね?


Sponsored Link


先に記載した1日の摂取量を守りながら、体とお腹の赤ちゃんを大切にしましょう。

葉酸に副作用はないの?摂りすぎは赤ちゃんにも影響はあるの?

妊娠~授乳期にかけて毎日とることが大切な「葉酸」

妊娠したい!念願の妊娠!

葉酸の摂取時期は?いつまで?いつから?

最後のこの問いにお答えしておきましょう。

葉酸をしっかり摂るべき時期はなんといっても、「妊娠中」

お腹の中で一生懸命、生きようとする赤ちゃんには必要不可欠だからです。

大事な赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減するためには、受胎後7週未満、この時期からしっかり母体には葉酸が必要です。

じゃあ、妊娠してから葉酸を摂取したら安心!

ではないんですよね?

葉酸は妊娠を考えた時からしっかり体内に必要なものです。

もちろん赤ちゃんをしっかり栄養たっぷりの環境で育てるためには、葉酸の摂取は早ければ早いほどいいでしょう。

そして出産後。

妊娠、出産。いざ赤ちゃんを腕の中で抱きかかえ毎日、毎日微笑みながら育児が始まります。

妊娠前や妊娠中に比べると「葉酸をしっかり摂って下さいね」という言葉は薄れてくるのが現実ですが、赤ちゃんには葉酸は必要な栄養素

赤ちゃんの大事な栄養はお母さんからの母乳で補います。

その母体に十分な葉酸が必要な訳ですから、出産後「もう大丈夫!」ではありません。

妊娠を望んでいる・・・そんな方は母体を赤ちゃんを迎え入れるためにも葉酸は必要です。

「やった!念願の赤ちゃん」そんな時は、しっかり葉酸を摂取しましょう。

そして、出産後・・・大事にお腹で育ててきた赤ちゃんに、今度は母乳で栄養をあげたいですよね?そのためにも葉酸は必要不可欠です。

妊娠中に必要な葉酸の役割って何?摂取しても大丈夫なの?

葉酸の摂取量のまとめ

「葉酸」、耳にはするけど実際はなんなの?

そんな疑問に答えが出てくれたら幸いです。

もちろん、妊娠中、妊娠を経験する女性だけでなく、全ての人に葉酸が必要と言うことが分かりました。

ただ、特に女性の体には必要不可欠。

妊娠中に起こりうる様々な敵。貧血、食欲不振、つわり・・・。

このような問題を葉酸で減少させていきながら、赤ちゃんとのマタニティー生活を

安心して送って欲しいと思います。

自分自身の体も、赤ちゃんの体も守れるのはお母さん・・・。

素敵なマタニティーライフを送れます様に、

そして元気な赤ちゃんと、楽しく健康に過ごせます様に・・・。

葉酸の関連記事

葉酸は女性の味方!なぜ女性に必要な栄養素なの?

葉酸サプリは、実際のところ妊婦に効果はあるの?

妊娠中に必要な葉酸の役割って何?摂取しても大丈夫なの?

葉酸には副作用はないの?摂りすぎは赤ちゃんに影響あるの?

葉酸の効果を高める成分や食品は何?一覧はコチラ

葉酸との食べ合わせNGはコレ!一緒に摂ってはいけない食品

葉酸の効果!特に妊娠中の女性に知ってほしい事とは?

妊娠初期に葉酸を摂取したほうがいい本当の理由と注意点は?

葉酸の多い食品や野菜・果物のまとめ!

葉酸はいつからいつまで摂取すると効果的なの?

妊娠中に葉酸が必要な理由!摂取量はどれぐらいがベストなの?


Sponsored Link



おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする